ドラマの動画が無料で観れます!

最近のエントリー
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

『ギネ〜産婦人科の女たち〜』最終話

2009/12/10(Thu) 08:23
出演者:藤原紀香上地雄輔板谷由夏内田有紀西田尚美八嶋智人松下由樹中村橋之助本仮屋ユイカ近藤芳正吉田里琴國村隼

主題歌:leccaMy measure

エンディングテーマ:RYTHEMツナイデテ

原作:岡井崇ノーフォールト

ドキドキ最終話ドキドキ

玉木(上地雄輔)から、君島(松下由樹)が教授になるための条件を聞いた奈智(藤原紀香)は、病院を辞めると宣言。
驚いた君島や藤木(近藤芳正)に、奈智は「行きたいところがある」と伝える。
やがて君島は教授に昇進。
藤木も、次の勤務先を考え始める。
まもなく、一代(内田有紀)の手術の時がやって来た。
手術は、まず子供を帝王切開で出産し、その後、がん化した卵巣を摘出するというもの。
執刀は須佐見(國村隼)が行うことになった。
奈智の説明を聞いた一代は、覚悟を決める。
ところが、一代の麻酔直前に、急患の連絡が入る。
患者は、火災現場で転落した33週の妊婦で、下腹部から大量の出血をしているという。
手術室が他に空いていないと知った奈智は、一代より先にこの患者の手術をしたいと頼む。
須佐見は、急患の手術を決断。
さらに、この患者は脳内出血していることが分かり、手術 室には、藤木、桧口(板谷由夏)、嶋(本仮屋ユイカ)のほか脳外科医も駆けつける。
一代は、手術室が空くまで待機することになった。
一方、鳥海(いせゆみこ)が診ていた妊婦の胎児の心拍数が落ち、鳥海は帝王切開を要請。
しかし、手術室の空きがなく、しかも医師たちも全員手が塞がっているため、皆に緊張が走る。
そんな中、一代の容態が急変し、大出血を起こして――。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『ギネ〜産婦人科の女たち〜』第8話

2009/12/03(Thu) 07:55
出演者:藤原紀香上地雄輔板谷由夏内田有紀西田尚美八嶋智人松下由樹中村橋之助本仮屋ユイカ近藤芳正吉田里琴國村隼

主題歌:leccaMy measure

エンディングテーマ:RYTHEMツナイデテ

原作:岡井崇ノーフォールト

ドキドキ第8話ドキドキ

須佐見(國村隼)と結婚し、教授婦人となった一代(内田有紀)が入院。
妊娠20週に入った一代は、検査の結果、進行した卵巣がんと判明する。
手術して治療を始めても5年生存率は30%程度という厳しい現実に、君島(松下由樹)と榎原(中村橋之助)は、赤ちゃんをあきらめ、すぐにがん治療を開始すべきだと考える。
しかし、奈智は、帝王切開が可能にな る28週まで待つことを提案。
何としても一代を助けたい須佐見は、がん治療を始めてほしいと一代に告げる。
嶋(本仮屋ユイカ)と婚約し、一緒に海外留学をする話が進んでいる玉木(上地雄輔)のもとに、女子大生になった山本利香子(石橋杏奈)が訪ねてきた。
利香子は、子宮外妊娠で手術をした際、子宮全摘出となった理由を、改めて玉木に問いただす。
答えに詰まった玉木は、ただ懸命に利香子をなぐさめた。
一方、嶋病院長(津嘉山正種)に呼ばれた君島は、須佐見が一代の看病に専念するために教授職を辞任することを知る。
そして、君島を後任に推薦するというのだ。
しかし病院長は、君島が教授になるための条件を出す。
それは、「総合周産期母子医療センター」を返上し、人員整理の手始めとして奈智を辞めさせること。
総合周産期母子医療センターを返上すれば、緊急を要する妊婦を受け入れることができなくなる。
君島は、地域の産科医療が崩壊すると反対するが、病院長は利香子 の両親からの訴状を見せ、君島の決断を促す。
奈智が問題を引き起こしていると言われた君島は、なんとか奈智を庇いたいと考えるが―。
そんな中、染色体異常の胎児を妊娠している竹尾小枝(須藤理彩)の出産が近づいていた。
小枝の赤ちゃんは、生まれて数時間から数日以内に死亡すると診断されていたが、小枝は産むことを希望していた。
しかし、胎児の心音が下がり、帝王切開が必要となる。
その手術を行うかどうか、奈智は判断を迫られて―。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『ギネ〜産婦人科の女たち〜』第7話

2009/11/26(Thu) 07:00
出演者:藤原紀香上地雄輔板谷由夏内田有紀西田尚美八嶋智人松下由樹中村橋之助本仮屋ユイカ近藤芳正吉田里琴國村隼

主題歌:leccaMy measure

エンディングテーマ:RYTHEMツナイデテ

原作:岡井崇ノーフォールト

ドキドキ第7話ドキドキ

美和子(西田尚美)の死をめぐって慎一(八嶋智人)が提起した医療訴訟の裁判がはじまり、多くの報道陣がつめかける。
証人席に立った君島(松下由樹)は、瀬川(内田有紀)の尋問に、美和子の手術は必要な判断だったと答える。
しかし、慎一の弁護士・岸本(半海一晃)は、奈智(藤原紀香)が手術の数時間前に立ちくらみで倒れたことを持ち出して、病院の体制不備を印象付ける作戦に出た。
その事実を知らなかった君島は愕然とする。
一方、奈智たち医師、看護師は、普段通り忙しく働いていた。
そんな中、ガラス片で腕を切った優美(吉田里琴)が、教師に付き添われて病院にやってくる。
ERの飯村(川渕良和)は、直ちに傷口を縫合するが、血は止まらず患部からにじみ出る。
しかし、知らせを聞いて駆けつけた慎一と岸本が、裁判に影響が出る と優美を連れ帰ってしまう。
優美の症状に疑問を抱いた飯村は、血液内科の隆弘(長谷川博己)に相談。
優美が美和子の娘だと気づいた隆弘は、桧口(板谷由夏)の協力を得て、生前に保存してあった美和子の血液を調べはじめる。
そんな中、入院して約一週間が経過しようとしていた妊娠30週の切迫早産の妊婦・星名あゆみ(吉田羊)の容態が急変。
奈智は早産を食い止めるための処置を施していたが、突然、あゆみはショック状態になり、意識不明に陥ってしまった。
飯村らが駆けつけ、君島や藤木はまずERに託そうとするが、奈智はそれを 遮って勝手に指示を始め・・・。
やがて、奈智が出廷する日がやって来た。
岸本は、奈智が必要のない超緊急の帝王切開手術を行ったと追及。
さらに奈智が慎一に対し、美和子のことを早く忘れて前に進みたいと言ったことを暴露して――。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『ギネ〜産婦人科の女たち〜』第6話

2009/11/19(Thu) 06:25
出演者:藤原紀香上地雄輔板谷由夏内田有紀西田尚美八嶋智人松下由樹中村橋之助本仮屋ユイカ近藤芳正吉田里琴國村隼

主題歌:leccaMy measure

エンディングテーマ:RYTHEMツナイデテ

原作:岡井崇ノーフォールト

ドキドキ第6話ドキドキ

榎原(中村橋之助)は、奈智(藤原紀香)の代わりに、末期の卵巣がんで入院中の三井さやか(永井杏)にがん告知を行う。
娘への告知を拒否していたさやかの母親・郁子(明星真由美)は、約束が違うと榎原を責める。
2ヵ月後、病院に一通の訴状が届く。
なんと、慎一(八嶋智人)が、美和子(西田尚美)の死には病院側の責任があったとして、院長、須佐見(國村隼)、君島(松下由樹)、奈智を訴えたのだ。
医師個人が被告になることは稀だが、瀬川(内田有紀)は、原告側の作戦だと推測。
自分が訴えられたことを知った奈智は、 大きなショックを受ける。
一方桧口(板谷由夏)は、急いで慎一に連絡をとり、自宅を訪ねた。
桧口は、高校の同級生として慎一と話をしようとするが、告訴した慎一の決心は固い。
訴えは取り下げず、桧口を敵に回しても戦うという慎一を、もはや止められそうにもなかった。
慎一の告訴は、医局全体にも大きな影響をもたらした。
産科医の一人、井本(サコイ)は病院を辞めるという。
訴えられるリスクを負いながら、情熱だけで仕事を続けるのは無理だと話す井本を、君島と藤木(近藤芳正)は何とか思いとどまらせようとする。
しかし、君島自身も、次々と医師が離れていく現状に、医長と しての自信を失ってしまう。
奈智が不在で、井本もいなくなった産科は、これまで以上に多忙の日々となった。
特に桧口は、奈智の分も働こうと必死になる。
まもなく、奈智は、さやかから「お産が見たい」と頼まれる。
奈智と榎原とともに出産を見学したさやかは、生まれてくる赤ちゃんを見て涙を流す。
そして、奈智の気持ちも少しずつ変化しはじめ―。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『相棒 8』第5話

2009/11/19(Thu) 05:29
出演者:水谷豊及川光博益戸育江川原和久大谷亮介山中崇史六角精児山西惇片桐竜次小野了神保悟志岸部一徳中村繁之

ドキドキ第5話ドキドキ

米沢(六角精児)が見ていた鉄道マニア向けDVDに5年前に自殺した国土建設省の官僚・三島に似た男が映っていた。
撮影日は三島の遺体が都内で発見される前日。
しかもDVDに映っていたのは東京から60キロも離れた間宮村の駅。
疑問を感じた右京(水谷豊)は尊(及川光博)とともに国土建設省へ。
三島の同僚・片倉(中村繁之)に三島が発見前日に間宮村に行ってないか確認するが…。
三島はなぜ、間宮村に行ったのか?
なぜ翌日に死体となって発見されたのか?
真相を求めて右京と尊は間宮駅へと向かう!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『浅見光彦〜最終章〜』第5話

2009/11/19(Thu) 03:54
出演者:沢村一樹風間杜夫原沙知絵黒田知永子田中幸太朗佐久間良子いとうあいこ

主題歌:馬場俊英明日に咲く花

原作:内田康夫浅見光彦シリーズ

ドキドキ第5話ドキドキ

ある日の浅見家、光彦(沢村一樹)たち家族の前で母・雪江(佐久間良子)が「嘆きわび、空に乱るる我がたまを、結びとどめよ、したがひのつま」という源氏物語の一節を書にしたためていた。
その達筆さに感心する光彦たち。
須美子(原沙知絵)が歌の意味を聞くと、「悲しみのあまり、体を抜け出してさ迷う私の魂を、あなたの衣の下前の褄を結んで繋ぎ止めて下さい」と、六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)が光源氏に救いを求めて詠んだ歌だと雪江が解説する。
光彦は「源氏物語の女たちの恋と人生を巡る旅」というテーマで、源氏物語ゆかりの京都と滋賀へ取材旅行を予定していた。
また、タイミングを同じくして、雪江も琵琶湖のホテルで催される着物の展示会へ出かけるということで、源氏物語の話題で盛り上がっていたのだ。
そこで雪江は、恋に疎い光彦では源氏物語の取材がはかどらないだろうと、今回も須美子を引き連れて光彦に同行するという。
かくして、京都〜滋賀へと向かった光彦ら三名。
着物の展示会場へと向かう途中で、自転車に乗った吉村奈美江(横山めぐみ)と出会い頭にぶつかりそうになった。
恐縮する光彦に奈美江も謝罪し、自転車のカゴに入れていた陶器の人形が割れていないことを確認すると、先を急ぐからとその場を去る。
その後、琵琶湖のホテルで行われている着物の展示会で雪江と光彦たちは、接客を担当する観光協会の企画開発を担当している前田由香里(いとうあいこ)という女性と知り合った。
光彦が由香里に源氏物語の取材で来ていることを告げると、知り合いの陶芸家をとり上げて紹介してほしいと熱心に頼まれる。
ほどなく、陶芸家を訪ねる光彦と由香里。
工房に入り紹介されたのは、自転車でぶつかりそうになった奈美江だった。
源氏物語をイメージしたという、陶器で作ったひな人形の話で盛り上がっていたそのとき、由香里の携帯が鳴った。
それは、由香里の姉・恭子(美緒)のものと思われる白骨死体が発見されたとの警察からの連絡だった。
遺体の発見現場に駆けつけた光彦たちは、死体には胸の骨に刃物の傷があるため、殺害された疑いがあると刑事から説明を受ける。
恭子の遺留品だと思われる手帳を見ると、雪江から教わった源氏物語の一節「嘆きわび、空に乱るる我がたまを…」という歌が書かれたしおりが挟まっていた。
由香里の話によると、姉・恭子が失踪したのは7年前。
優しく妹想いの姉が、ある日、突然いなくなったという。
光彦は、源氏物語の一節が遺留品に書いてあったことから、恋のもつれではないかと推理するのだが、由香里の知る限りでは、姉が親しくしていた特別な男の話など聞いたことがないという。
恭子は大学院で源氏物語の研究をしていたので、その一節が書かれていたのではないかと由香里。
その話を聞いた光彦は、事件の手がかりを求めて、恭子が通っていた大学へと向かう。
恭子のゼミの教授・吉村春夫(鶴見唇吾)から、当時の話を聞く光彦なのだが、やはり研究熱心で、交際相手の話など聞いたことがないという…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『リアル・クローズ』第6話

2009/11/18(Wed) 06:54
出演者:香里奈黒木瞳高岡蒼甫西島秀俊小泉孝太郎加藤夏希能世あんな真野裕子えれなIMALU

主題歌:坂詰美紗子きっと大丈夫

原作:槇村さとるReal Clothes

ドキドキ第6話ドキドキ

達也(高岡蒼甫)と別れた絹恵(香里奈)は、そのショックを抱えたまま職場へ。
元気のない絹恵を心配する優作(西島秀俊)や凌(加藤夏希)らに結婚を取りやめたことを打ち明け、「これからは仕事に生きる」と強がってはみるが、ひとりになると頭に浮かぶのは達也のことばかりだ。
そんな折、越前屋では企業イメージアップイベントとして予定されていた企画が中止となり、急遽、別の企画を立ち上げることに。
美姫(黒木瞳)の存在が疎ましい経営戦略部の尾崎(田中哲司)は、美姫が率いる婦人服部門に担当を押しつける。
スケジュールに余裕のない中、スタッフからイベントのアイデアを募る美姫に、瑞穂(能世あんな)はさっそく自分の企画を提案。
その抜け目のなさに優作は驚嘆させられる。
一方、絹恵は達也を忘れようと仕事に励むが、おしゃれをする気力もなく、以前のような地味な服装で出勤して美姫に注意される始末。
そんな絹恵を元気づけようと凌と陽子(真野裕子)が食事に誘うが、その席に蜂矢(小泉孝太郎)が現れた。
絹恵が美姫に目をかけられていると知った蜂矢は、狙いを定めるように絹恵を見つめる。
翌日、自分もイベントの企画を立案しようとオフィスで奮闘していた絹恵は、優作にフィアンセがいることをニコラ(黄川田将也)から聞く。
なぜかショックを受けている自分に戸惑う絹恵。
その夜、寂しさと会いたい気持ちが抑えきれず、絹恵は達也のマンションへ。
そこで目にしたのは、晴美(山田麻衣子)と達也の仲睦まじい姿だった。
達也は絹恵と別れて以来、晴美と頻繁に会うようになっていたのだ。
「俺たち、終わったんだよ」と決別を告げる達也の言葉に、絹恵は激しく泣きじゃくり…。
もう後戻りはできないことを思い知らされた絹恵は、達也への未練を断ち切ろうと決意。
そんな中、まゆ(IMALU)から荷物が届く。
それは、まゆが絹恵を励まそうと作ったリメイクTシャツだった。
これを見つめていた絹恵にイメージアップイベントの企画が浮かぶ。
あらゆる世代に向けたTシャツを全館で売り、利益のすべてを地球環境や子どもたちのために寄付するというチャリティーで“付加価値”をつけるーー。
絹恵のアイデアを聞いた美姫は、一流デザイナーに協力をとりつけると約束し、この企画でイベントを進めると即決。
絹恵を中心に一大プロジェクトが組まれることになった。
突然の大抜擢に驚く絹恵。
一方、瑞穂は自分を差し置いて絹恵の企画が採用されたことにがく然となり…。
さっそく、優作と組んで質のいいTシャツの製作に奔走する絹恵。
美姫は豊富な人脈を駆使して海外の有名デザイナーたちからノーギャラで協力を取り付け、豪華なラインナップのチャリティーTシャツが完成した。
そしていよいよイベント当日、Tシャツは好調な売れ行きをみせ、絹恵らは大忙しに。
達也への思いを吹っ切り、イキイキとした表情で店内を飛び回る絹恵に、美姫は「あなたには新しい服が必要よ」と1枚の服を手渡す。
それは、美姫が絹恵のために見立てたワンピースだった。
美姫の心遣いに感激し、充実感に満たされて商品部に戻った絹恵は、オフィスの隅にぼんやりと座っている優作を見つける。
優作はフィアンセからメールで別れを告げられたばかりだった。
仕事ばかりを優先してフィアンセとろくに会おうとせず、愛想を尽かされてしまったらしい。
いつもの強気な姿勢はどこへやら、腑抜けたようになっている優作に思わず吹き出してしまう絹恵。
そんな絹恵に、美姫から新たな指令が言い渡される。
ヤングカジュアル売り場で立ち上げる新プロジェクトのチームマネージャーに任命するというのだ…!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『ライアーゲーム 2』第2話

2009/11/18(Wed) 05:38
出演者:戸田恵梨香松田翔太鈴木浩介吉瀬美智子渡辺いっけい

原作:甲斐谷忍LIAR GAME

ドキドキ第2話ドキドキ

先鋒戦“24連装ロシアンルーレット”を見ていた神崎直(戸田恵梨香)が、事務局がゲームに仕掛けた罠に気付いた。
3連続で弾が込められていることを知っている福永ユウジ(鈴木浩介)と西田勇一(荒川良々)がパスを連続することで大量のチップがディーラーに流れてしまい、結果、事務局の儲けになってしまうのだ。
それを福永に教えようとタイムをかけようとする直を秋山深一(松田翔太)が止めた。
福永も罠には気付いているから大丈夫だという秋山の言葉通り、続く2発はディーラーが撃ったものの、その後も福永の優勢は変わらなかった。
そして、西田が2発目の被弾。
すると、直がゲームにタイムをかけた。
いい流れを止められて驚く福永。
また、月の国エリアに戻った西田は菊地翔(眞島秀和)と小坂妙子(広田レオナ)に激しく責められる。
必死で弁明するも聞く耳を持たない菊地は西田を殴りつけ、その勢いで西田がゲームエリアに転げ落ちてきた。
西田をかばうように駆け寄った直は「西田さんは負けない」と声をかけると、太陽ノ国エリアに戻って福永に残りの2発をわざと被弾して引き分けにしようと提案する。
最初は提案を一蹴していた福永だが、引き分けにすることで大儲けできる方法があると聞き、悩んだ末に残り2発を自ら被弾。
勝負は引き分けに終わった。
ゲーム終了後、“大儲けする方法”が直のウソだったと知ると福永は激怒。
しかし、直は残り2戦は勝つから大丈夫と無邪気に答えるのだった。
一方、別会場では謎の人物(菊池凛子)が余裕で“24連装ロシアンルーレット”でチームメイトを勝利に導いていた。
ソラリオから中堅戦が始まることが告げられた。
ゲームは、トランプの絵札とジョーカーの17枚のみを使って行われる“17ポーカー”だ。
リハーサルになり、ポーカーには自信があると立候補した直。
しかし、結果は菊地を相手に2勝3敗、チップ差120枚という大差で完敗した。
落ち込む直だが、秋山はリハーサル中に菊地がとったありえない行動を見抜き、不審感を抱いていた。
本番が始まった。
立て続けに2連勝する秋山に、たまらずタイムをかける月ノ国チーム。
しかし、月ノ国エリアに戻ってきた菊地は2連敗はシナリオ通りだと言うと、ジョーカーを操る必勝法を見つけたと不敵に微笑み…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『東京DOGS』第5話

2009/11/17(Tue) 23:25
出演者:小栗旬水嶋ヒロ吉高由里子勝地涼東幹久志賀廣太郎臼田あさ美ともさかりえ水上剣星矢崎広川口春奈吉村卓也田中好子大塚寧々三浦友和

主題歌:EXILEふたつの唇

ドキドキ第5話ドキドキ

高倉奏(小栗旬)は、宮田淳二(高杉亘)の遺体から濡れた手帳を発見。
その時、奏の携帯に工藤マルオ(水嶋ヒロ)から、松永由岐(吉高由里子)がいなくなったと連絡が。
アルバイトを終えた由岐は、吉村=甲斐崎ヒロト(水上剣星)と店を出た後、消息不明に。
由岐たちは、蒲田シゲオ(矢崎広)に発見された。
堀川経一(勝地涼)は、吉村と飲んでいて、つい飲みすぎたと奏たちに謝る。
連絡を怠ったのは、由岐が奏を困らせたいとごねたためだった。
次の日、奏とマルオは、由岐を連れて西岡ゆり(ともさかりえ)を訪ねる。
ゆりは、由岐が思い出した銃をつきつけられた男の記憶を探る。
奏とゆりは、銃を突きつけられた男は由岐の恋人の可能性があると意見を一致させた。
さらに記憶を思い出させようと焦る奏。
そんな奏に、自分を信じて欲しいと怒り平手打ちした由岐は出て行ってしまう。
由岐を追いかけたマルオは、気分を変えさせようとピクニックに誘った。
特殊捜査課には家出少女の保護依頼が来た。
少女の名は松尾玲子(近野成美)。
大友幸三(三浦友和)は、本来は少年課の仕事だが玲子の滞在先に問題があるという。
玲子が身を寄せるモデル事務所には、売春斡旋の疑惑があった。
玲子の捜索を口実に売春斡旋の確証をつかみ、摘発に持ち込もうというわけだ。
また、この事務所には売春の他に麻薬斡旋の疑いもある。
神野の組織が関わっている可能性もある。
奏とマルオが事務所に行くと、社長の三島(風間トオル)が出迎えた。
奏たちが玲子の件を切り出すと、三島は家出少女だとは知らなかったと言い、すぐに引き合わせた。
玲子を彼女の実家に連れて帰ると、両親とおおもめ。
大学進学を望む両親に対して、玲子は芸能界入りを夢見ていた。
奏は、事務所の売春斡旋疑惑を話し、玲子を説得。
さらに、売春に関することを知っているのではないかと突っ込む奏だが、玲子は知らない様子。
帰り道、マルオは奏の女性に対しても無慈悲な捜査をいさめる。
玲子の恋人らしき男が割れた。
事務所のスカウトマン、安藤友秋(氏家拓朗)だ。
安藤は、ティーン相手に麻薬の売買を行っている。
捜査課は安藤の背後に大きな組織の影を感じる。
奏は宮田の手帳を手がかりにした別行動を、大友から許される。
奏は宮田の弟分、中尾(坂田聡)と接触。
中尾は自分や家族の保護を条件に、警察に協力するという。
神野の潜伏先は分からなかったが、奏は中尾から次回の麻薬取引の情報を得る。
奏とマルオは安藤の件を三島に話す。
すると三島は、安藤が麻薬売買を行っているなら即刻、クビにすると言う。
三島は警察への協力を惜しまない。
奏たちが事務所を出ようとすると玲子と鉢合わせ。
そんな玲子に、三島は両親の許可をもらってくるよう説得。
2人が再び玲子を連れて帰ると、奏の携帯に中尾から1時間後に麻薬取引が行われると連絡が。
その頃、ようやく姿を現した安藤を益子礼二(東幹久)と鈴江光男(志賀廣太郎)が尾行していた。
その安藤が、突然倒れてしまう。
奏はマルオと麻薬取引の現場へ。
奏が現場の異常さに気づいた時、横たわる中尾を発見。
中尾の裏切りがばれたようだ。
すると、何者かが狙撃してくる。
反撃して、男を捕らえるのだが、連行しようとした狙撃犯も射殺されてしまった。
捜査課に戻り、安藤が狙われたことを知った奏は、マルオと三島の車を追いかける。
以前、事務所に寄ったとき、奏は三島の車にGPSを仕掛けていた。
案の定、三島は玲子を呼び出していた。
三島たちの手から玲子を取り戻す奏たち。
三島は、安藤と玲子の口封じをしようとしたのだ。
マンションに戻ったマルオは、由岐と翌日のピクニックの計画を相談。
そこに、奏が帰ってくる。
犯人を取り逃がし、神野への手がかりも見つからなかった奏は黙って部屋にこもる。
すると、奏に電話がかかってくる。
マルオと由岐が聞き耳を立てていると、好きだよという奏の声が…。
次の日、マルオと由岐はピクニックを返上して奏を尾行。
すると、奏は釣堀に行き、2人に声をかける。
バレバレだった。
そこで、奏は父の話を2人に話す。
また、由岐には焦って記憶を呼び戻させようとしたことを詫びた。
翌日、奏とマルオは由岐をバイト先に迎えに行く。
すると、救急車が追い越して行くではないか。
由岐が記憶のフラッシュバックで倒れたのだ。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『JIN〜仁〜』第6話

2009/11/16(Mon) 16:08
出演者:大沢たかお中谷美紀綾瀬はるか小出恵介桐谷健太田口浩正戸田菜穂武田鉄矢藤田まこと高岡早紀六平直政麻生祐未小日向文世内野聖陽

主題歌:MISIA逢いたくていま

原作:村上もとかJIN-仁-

ドキドキ第6話ドキドキ

江戸時代にはなかった「ペニシリン」を作り上げ、梅毒治療に一石を投じた仁(大沢たかお)。
その神懸り的な医術は、江戸の町に次々と広まり、南方大名神という護符まで出回るほどの大評判となっていた。
そんな噂を聞き入れてか、仁は医学館の奥医師との対面を申し込まれる。
医学館の奥医師である多紀(相島一之)と対面した仁は、多紀からその素性について問いただされる。
護衛についてきた龍馬(内野聖陽)や恭太郎(小出恵介)も一緒になって、仁の素性をうまくはぐらかそうとするが、医学館の仁への不信感はますます強いものになるばかり。
そんな時、同席していた医学館の福田玄孝(佐藤二朗)が突然腹痛を訴え、その場に倒れこんでしまう。
福田を診察し、胃潰瘍穿孔の可能性が強いと判断した仁は急遽、医学館の面面が見つめる中で緊急手術を行うことに…。
さらに、佐分利(桐谷健太)が、西洋医学所を揺るがす事件を引き起こしていたことも発覚して…!?

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『サムライ・ハイスクール』第5話

2009/11/15(Sun) 01:58
出演者:三浦春馬城田優大後寿々花小林涼子桜田通柳下大市川実日子金子ノブアキ金田明夫キムラ緑子加藤雅也ミムラ室井滋岸谷五朗

主題歌:monobright孤独の太陽

ドキドキ第5話ドキドキ

平凡な高校生・望月小太郎(三浦春馬)の体に、戦国時代の先祖“サムライ小太郎”が乗り移るようになって1ヶ月。
小太郎の身にまたもや大事件がふりかかる!
近所の河原にいるホームレスが襲われ、お金を奪われるという事件が起こり、何故か小太郎と剛(城田優)に容疑がかけられてしまったのだ。
警察で事情聴取を受ける小太郎と剛は、必死に身の潔白を訴えるが、目撃証言による犯人の特徴が2人にぴったり一致している為、疑いは晴れないまま。
証拠不十分でなんとか帰宅を許されたが、小太郎の母・圭子(キムラ緑子)は心配のあまり寝込み、妹・優奈(大後寿々花)は将来に絶望感を抱き、父・信二(岸谷五朗)は、家族を守る為会社をしばらく休むと言い出す始末。
一方、剛は入院中の母・たまみ(山下容莉枝)にこのことを言い出せず、一人で悩んでいた。
翌日、登校しなかった剛を心配した小太郎とあい(杏)、百合香(小林凉子)は剛の家へと向かう。
しかし剛は「犯人にされてもいい」と言い捨てる。
父親がいない上に母親が病気だから、お金に困ってやったのだろうと刑事に言われた剛は、深く傷つき、全てをあきらめてしまったのだ。
そんな剛の姿を見た小太郎は、「俺が真犯人を見つけてやる」と飛び出して行く。
被害者のホームレス・山本(モロ師岡)を探しあてた小太郎は、奪われた1万円は山本が娘からもらったお金で、娘の名前を書き入れお守りがわりに大切にしていたものだと聞く。
そして山本から真犯人を見つける鍵を得た小太郎は、サッカー部・岩永(賀来賢人)、大越(鈴之助)の元へと乗り込むのだが・・・ 
岩永・大越とその仲間達にとり囲まれ、多勢に無勢の小太郎。
しかも、ピンチになるといつも現れる“サムライ小太郎”が今日に限って現れない!!!
小太郎はこのピンチをどう乗り切るのか?!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『小公女セイラ』第5話

2009/11/15(Sun) 00:38
出演者:志田未来林遣都田辺誠一岡本杏理忽那汐里小島藤子谷中敦大和田伸也黒川智花広岡由里子斉藤由貴樋口可南子

主題歌:UVERworld哀しみはきっと

原作:フランシス・バーネット小公女

ドキドキ第5話ドキドキ

セイラ (志田未来) が使用人となり、どのくらい経つだろうか。
「 今後どのように生きていくのかとはっきり決めなさい 」 と、学院長・三村千恵子 (樋口可南子) から突きつけられたセイラ。
一方、ミレニウス女学院は、修学旅行の話題でもちきり。
みんなが修学旅行に行っている間、休暇になる 小沼夫妻 (大和田伸也・広岡由里子) も旅行、カイト (林遣都) は実家に帰省。
しかし身寄りのないセイラは、一人学院に残ることしかできなかった。
修学旅行出発の日の朝、千恵子は学院に残るセイラに鍵を預け、留守を任せた。
カイトも一人残るセイラに後ろ髪引かれつつも出発する。
ところがどうしてもセイラが心残りなカイトは、学院に戻ってくる。
「 俺の田舎に一緒に行こう!」
留守を預かっているセイラはためらうも、「 みんなが帰ってくる前に戻れば、大丈夫だよ 」 というカイトの言葉に笑顔で頷く。
突然、女の子を連れて帰ってきたカイトに、カイトの家族は驚きを隠せないが、セイラを温かく迎え入れる。
カイトの故郷で、セイラは短いけれど楽しいひとときを過ごす。
そんな中、カイトは、両親 (半海一晃、荒木由美子) や幼馴染の ゆかり (日向千歩) に、「 どうせ学校に通わせてくれないのなら故郷に戻ってきたら?」 と促される。
結論も出ないまま、帰る時間になってしまう。
セイラとカイトはバスで帰路につくが、その途中倒れた大木が道路をふさぎ、バスが立ち往生してしまう。
果たしてセイラとカイトは、みんなが帰ってくる前に、学院に戻ることができるのか !?

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『マイガール』第6話

2009/11/14(Sat) 05:20
出演者:相葉雅紀)・優香石井萌々果村上信五関ジャニ∞)・北村有起哉山崎樹範平岩紙井村空美日村勇紀バナナマン)・朝加真由美山崎一室井滋八名信夫大森暁美

主題歌:マイガール

原作:佐原ミズマイガール

ドキドキ第6話ドキドキ

プロのカメラマンを目指して、本格的に頑張ろうと心に決めた正宗(相葉雅紀)。
しかし、なかなか納得のいく写真が撮れず、そのことを言い訳にしてコンクールへの出品も諦めてしまう。
一方、コハル(石井萌々果)は保育園で教わった剣玉が上手くできず、必死に練習。
まっすぐに頑張るコハルの姿勢に、正宗は後ろめたさを感じずにはいられない。
そんな中、町内会主催のすもう大会の季節がやってきた。
正宗はコハルに出場をせがまれるが、昔から力勝負が苦手。
無残に負けて恥をかき、娘をガッカリさせたくない…という思いから、出場をためらってしまう。
そんな正宗の反応に、コハルは落胆。
その様子を見た正宗の心はさらに痛む。
時を同じくして、高志(山崎樹範)は高校時代から片思いをしている倉田菜摘(市川由衣)と再会。
しかし、菜摘はクラスで一番の人気者だった田口(載寧龍二)と結婚するという。
失恋の痛手を紛らわせるかのように、合コンに繰り出す高志。
ところがその矢先、菜摘以外の女性と一緒に街を歩く田口を目撃した高志は、心が大きく揺らぐ。
翌日、高志は思い切って菜摘に田口を見かけたことを告白。
しかし、それでも菜摘は「ちゃんと別れる」という田口の言葉を信じ、結婚するという。
自分の好きな女性が傷つくのを黙って見ていられない高志は、何とか結婚をやめさせようと説得にかかるが、菜摘は首を縦に振らない。
一方、「結婚式を潰してでも大切な人を守りたい」という高志の想いを聞いた正宗は、「そんなことしちゃダメだ」と諭す。
ところが、高志は「そうやって、いろんなものから逃げてるんじゃないのか?」と指摘。
その言葉は正宗の胸に深く突き刺さった…。
さらに、涙ぐみながらも諦めずに剣玉の練習を続けるコハルの姿を見た正宗は、大きく心を動かされる。
そして遂に、躊躇していたすもう大会への出場を決意したのだ!
やがて、すもう大会の日がやって来た。
奇しくも、その日は菜摘の結婚式の日でもあった。
しかし、あれほど息巻いていた高志は菜摘に背を向けられたこともあり、長年の恋心を伝えることなく、密かに終止符を打とうとしていた。
そこへ、正宗から電話が!
これからすもう大会に出ることを告げ、「ここに来れたのは高ちゃんのおかげでもあるんだ。高ちゃんは大丈夫? そのままで自分にガッカリしない?」と正宗。
その言葉に、抑えていた高志の感情が再び湧き上がってきた。
「まだ間に合うかな?」――。
高志は結婚式場へと走り出した。
そして、式を目前に控えた菜摘の手を取り、式場から連れ出したのだ!
田口との結婚を破棄する決意をした菜摘に、自分の想いを菜摘に伝える高志。
しかし、菜摘の答えは…「もう少しひとりで頑張ってみたい」。
こうして、高志の恋は終わった。
しかし、自分の心に従って突き進んだ彼に後悔の念はなかった。
そのころ、コハルに見守られながら夢中で試合に臨んだ正宗も、一回戦で惨敗。
しかし、正宗もまたどこか清々しさを覚えていた。
怖さや恥ずかしさで前に進めなかった正宗は、もうそこにはいなかった。
昨日よりも少し強く歩いていける――そんな予感が正宗を包む。
その姿は、コハルの目にとてもカッコよく映っていて…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『おひとりさま』第5話

2009/11/14(Sat) 04:45
出演者:観月ありさ小池徹平松下奈緒橘慶太鈴木亜美北川弘美麻尋えりか大谷澪小林さり石井美絵子酒井若菜デビット伊東佐戸井けん太真矢みき

主題歌:北口和沙Am I Fallin' In Love?

オープニングテーマ:BIGBANG声をきかせて

ドキドキ第5話ドキドキ

真一(小池徹平)との同居生活も慣れ始めてきた里美(観月ありさ)は、ある日、校長の淑恵(真矢みき)と教頭の井上(佐戸井けん太)から、後援会副会長の息子とお見合いをして欲しいと頼まれる。
乗り気ではない里美は戸惑うが、来年度の寄付金に影響があるのでは?と心配する井上の強い後押しもあり、仕方なくお見合いを引き受ける。
里美のお見合い話はあっという間に同僚や生徒たちに行き渡り、里美は注目の的に。
しかし、里美はどこか複雑な様子だ。
一方、真一に興味を抱く君香(松下奈緒)は、カメラ選びを口実に、強引に真一をデートに誘う。
里美のお見合い当日。
そわそわする里美の前に、お見合い相手・二階堂(中村俊介)が現れる。
まともな男性との久しぶりのデートに、さすがの里美も緊張した面持ち。
ホテルで食事を終えた里美は、偶然にも真一と君香に出くわしてしまう。
気まずい様子の里美と真一であったが、「お茶でも一緒に…」という君香に4人でカフェに行くことに。
そこで、偶然働いていた博之(橘慶太)から里美と真一が同居していると言い出して…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜』第5話

2009/11/14(Sat) 04:15
出演者:仲間由紀恵要潤佐藤智仁芦名星辻谷嘉真浦野一美AKB48SDN48)・田中要次酒井敏也小澤征悦田中哲司寺島進中村獅童三浦理恵子井上正大松本若菜

主題歌:GIRL NEXT DOOROrion

挿入歌:72ここにいるよ

ドキドキ第5話ドキドキ

美鈴の部屋で起きた恐ろしい出来事のショックも冷めやらないまま、遼子と鷹藤は、樫村の指示でトップアイドル・南彩香とJリーガー・高城健のスキャンダルを追うことになる。
超有名人の交際発覚だけでも大スクープだが、2人が異母兄弟であることも判明してマスコミは大騒ぎ。
しかも、そのネタを暴露したのが、2人から相談を受けていたカリスマ占い師のマーサだと高城が告発したことで、騒動はさらに大きくなる。
しかし、当事者3人が出演したワイドショーで、犯罪に詳しいコメンテーターの楠田が、「第三者が秘密を知る方法はいくらでもある」とマーサを擁護したことから事態は思わぬ方向へ。
楠田は、全国規模の探偵養成学校を経営する探偵事務所の代表で、盗聴探知のプロフェッショナルだった。
彼に興味を持った遼子は、早速アポなし取材を敢行。
すると意外にも楠田は取材に協力的で、盗聴探知の現場に同行を許された遼子は、高城と彩香の部屋が何者かによって盗聴されていた事実を知る。
すっかり楠田に魅了された遼子は、さらに親密になろうと美鈴の部屋の調査も依頼。
楠田の調べで美鈴の部屋が盗聴されていたと分かり、疑わしい行動を取っている編集部のある人物が、それを仕掛けた可能性が高まる。
さらに、立てこもり事件を起こした菅原が熱心な会員だったという世界的な環境保護団体・ラボネイチャリングにも、その人物がかかわっていることが判明し…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『嬢王 Virgin』第7話

2009/11/14(Sat) 02:59
出演者:原幹恵永田彬かでなれおん辰巳奈都子原紗央莉麻美ゆま桜木凛森山綾乃朝日奈あかり津村知与支敦士大河内浩黒川芽以

主題歌:May J.君がいて

エンディングテーマ:SWEET BLACK feat. MAKI GOTOwith...

挿入歌:LADY GAGAPOKER FACE

原作:倉科遼嬢王 Virgin

ドキドキ第7話ドキドキ

舞(原幹恵)は、「嬢王GP 2nd」関東地区予選の敗者復活戦を勝ち抜き、見事、本選出場を果たす。
本選には地区予選を勝ち抜いた選りすぐりのキャバクラ嬢たちが集結。
最終日までの“累計売上げ”で競われる熾烈なバトルがついに始まる。
しかし、相変わらず雨宮(永田彬)は、キャストを追い込むことを画策しており、以前ミュゼルヴァのトップホステスだった亜美(麻美ゆま)の参戦を表明。
一方、敗者復活戦のトップ争いに敗れて手首を切った朋が、入院先の病院を抜け出して行方をくらました。
ダークサイドに堕ちた朋は一体何を企んでいるのか…。
また、予選最下位で通過した舞の運命は…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』第4話

2009/11/13(Fri) 04:26
出演者:向井理南明奈六角精児吉田羊

主題歌:NICO Touches the Wallsかけら〜総べての想いたちへ〜

原作:北尾トロ裁判長!ここは懲役4年でどうすか

ドキドキ第4話ドキドキ

傍聴にハマったフリーターの北森夫は今回、412号法廷での「覚せい剤取締法違反」の裁判を傍聴する。
が、傍聴席に入ったとたんにびっくり!
周りは全員、暴力団関係のコワモテ軍団で埋め尽くされていたのだ。
そして被告人に「懲役15年」の判決が出たとたん、男たちは「組長!お勤めがんばってください!」と叫んだ。
傍聴マニアの山野によると、組長が裁かれるときには組員が見届けに行くのだという。
その迫力にすっかりビビッてしまった北は「もう覚せい剤裁判はこりごり」と言う。
が、北はロックバンド「ポチョム菌」のボーカル・エイゼンシュタインが被告人の覚せい剤裁判あると知り、一転して興味津々になり傍聴に向かう。
北は「ポチョム菌」の大ファンだったのだ。
傍聴席にはバンドのギター・ショスタコの姿もあった。
「サインもらえないかな」と興奮する北は、美和にうっとうしがられる。
しかし北は裁判官が「エイゼンシュタイン、本名・田中五郎」と言うのを聞いて「そんなに普通の名前だったのか…」とガックリ。
しかも田中はスーパーで柿を万引きして取り押さえられ、その際に覚せい剤が見つかったという。
ロックスターのあまりにもダサい事件にあ然とする北。
さらに北はバンド仲間で親友あるはずのショスタコが「田中は詩を書いていたというのは嘘」「田中は田舎モノでキレると方言が出る」などと証言したことにショックを受ける。
自分がいざというとき、助けてくれる友人はいるのだろうか?
田中も寂しかったんじゃないだろうか――?と考え、落ち込む北。
数日後、北は再び田中の裁判を傍聴に行く。
田中は反省の色を見せず、弁護側の情状証人も拒否するなど、弁護士もなすすべがない。
が、田中は美人検察官の星川にある事実を突きつけられる。
そのとき、傍聴席からある男が立ち上がった!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『不毛地帯』第5話

2009/11/13(Fri) 03:55
出演者:唐沢寿明和久井映見多部未華子高橋平柳葉敏郎段田安則古田新太伊東四朗阿部サダヲ天海祐希遠藤憲一橋爪功中丸新将中村敦夫佐々木蔵之介小雪原田芳雄岸部一徳竹野内豊斉木しげる松重豊梶原善袴田吉彦

メインテーマ:坂本龍一

エンディングテーマ:トム・ウェイツトム・トラバート・ブルース

原作:山崎豊子不毛地帯

ドキドキ第5話ドキドキ

昭和34年12月、壹岐正(唐沢寿明)は、近畿商事社長の大門一三(原田芳雄)に退職願を提出する。
第2次防FXでラッキードF104の受注を獲得するにあたり、部下の小出宏(松重豊)が逮捕されるなど、会社に対して迷惑をかけた責任を取ろうとしたのだ。
大門は、そんな壹岐の気持ちに理解を示しながらも、軍人が作戦失敗の責任をとって退職願を書かないのと同じように、企業の戦いにおいても安易に退職願を書くことは許されない、と返す。
いまやるべきことは、川又伊佐雄(柳葉敏郎)の霊に花をたむけられるような仕事をすることだ、と大門は言うのだ。
退職を思いとどまった壹岐は、大門から鉄鋼部長のポストを与えられる。
日本経済の重工業化が進むなか、繊維業が中心で鉄鋼業界とのつながりが弱い近畿商事を強化することが目的だった。
昭和39年3月、壹岐は、鉄鋼に強い大手問屋を傘下に収めることに成功する。
大門は、壹岐の提案を受け、会社全体の経営戦略を指示するための部署を設立し、そのすべてを壹岐に任せることにする。
壹岐は、ロンドン支店にいた兵頭信一良(竹野内豊)やニューヨーク支店の海部要(梶原善)、香港支店の不破秀作(阿南健治)らを呼び寄せて業務本部を設立する。
壹岐は、2年間で200名を繊維部門から非繊維部門に異動させるといった大規模な人事を行い、鉄鋼部門などの業績を伸ばしていった。
昭和42年4月、業務本部の成果を高く評価した大門は、壹岐を常務取締役に昇進させる。
だが、副社長の里井達也(岸部一徳)らは、壹岐のやり方に対して反発を強めていた。
そんな折、壹岐たちは、中東情勢が緊迫しているとの情報をつかむ。
第三次中東戦争の勃発を懸念した壹岐は、情報収集に全力を注ぐ。
一方、東京商事の取締役輸送機本部長に昇進していた鮫島辰三(遠藤憲一)も、中東情勢の変化を察知し、戦争が起きた場合に備えて動き出していた。
ある晩、壹岐は、秋津千里(小雪)と再会する。
千里は、比叡山に籠っている兄・清輝(佐々木蔵之介)のことで壹岐に相談したいことがあるのだという。
食事をともにした壹岐と千里は、クラブ『ル・ボア』を訪れた。
するとそこに、インドネシア華僑の貿易商・黄乾臣(石橋蓮司)の第二夫人となり、ジャカルタで暮らしていたはずの紅子(天海祐希)が姿を現す。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『交渉人〜THE NEGOTIATOR〜 2』第4話

2009/11/13(Fri) 02:53
出演者:米倉涼子陣内孝則筧利夫高岡蒼甫笹野高史中山恵塚地武雅ドランクドラゴン)・八神蓮永池南津子高橋克実高知東生大杉漣浅野ゆう子安めぐみ林丹丹城田優伊武雅刀南沢奈央平山浩行

主題歌:傳田真央My Style

ドキドキ第4話ドキドキ

とあるレストランに、場違いな雰囲気の女性連れの男(平山浩行)が現れた。
男は、入店を断る店員の制止を振り切ると、爆弾を手に店員や客に動くなと指示をする。
連絡を受けた玲子(米倉涼子)らSITのメンバーは現場へ急行。
人質になっているのはオーナーシェフ、男性2名、女性5名の客、そして犯人が連れて来た若い女性(南沢奈央)。
犯人の男は、店内の電話回線を切断、人質から携帯電話を回収すると、「今日は特別な日、みんなで楽しく食事をしましょう」と動揺する一同に声をかける。
だが、そのほかに犯人からの要求はない。
木崎(筧利夫)らが接触方法を探る中、桜庭(塚地武雅)がコンクリートマイクを通して聞こえる女性のすすり泣く声を聞きつけた。
どうやらアルバイトの女性が更衣室に潜んでいるらしい。
玲子は換気口から更衣室へ進入、その女性を救出すると、ウエイトレスに変装し、店内へと入って行く。
玲子の機転で、犯人が連れてきた女性は、志村綾乃という名前であることが判明。
今日は彼女の誕生日らしい。
綾乃は半月前にストーカー被害届を出していた。
そのストーカー・矢島が、今回の犯人である可能性が高い。
そんな中、綾乃の自宅から腹部から血を流して倒れている姉・雪乃(有坂来瞳)が発見された。
かろうじて息があるが、危険な状態だ。
さらに矢島の部屋からは、綾乃を隠し撮りした写真と「生まれ変わって一緒になろう」との書き込みが発見されて……。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『その男、副署長』第5話

2009/11/13(Fri) 02:06
出演者:船越英一郎田中美里宇梶剛士鈴木裕樹石丸謙二郎酒井敏也永井杏的場浩司本田博太郎萬田久子芦川よしみ神保美喜

主題歌:藤澤ノリマサDomani〜明日をつかまえて〜

ドキドキ第5話ドキドキ

警務課長の近藤(本田博太郎)でございます。
まったく困りました…。
また池永副署長(船越英一郎)が席を外しておられるではありませんか!
今日は一体どこを走り回っているのやら…。
実は副署長、催眠カウンセラーの新川瞳さん(芦川よしみ)のもとを訪れてらっしゃいました。
しかも、衝撃的な一言を発せられたのです!
「新川瞳さん、あなたが結城加織さんを殺したのです」。
さかのぼること一週間前の11月3日。
瞳さんの高校時代からの友人で女優・結城加織さん(神保美喜)が、瞳さんのカウンセリングを受けた直後にビルの屋上から転落死。
現場の状況から、我が河原町署では自殺との見方が強まっておりました。
ところが、副署長は納得できないご様子。
実は死の前日、交通課に所属する副署長の妹・佳子さん(田中美里)が加織さんの車を駐車違反でレッカー移動させていました。
そのことに腹を立てた加織さんが署に怒鳴り込んできたのです。
彼女によれば、車の中にその日中に渡すはずのプレゼントが積んであったとのこと。
あまりの剣幕で食って掛かる彼女を見て、副署長はそんな女が翌日自殺するとはとても思えなかったようです。
さらに撮影所の関係者の話から、加織さんはワガママで傲慢だったことが判明。
最近、自分はNGを連発するにもかかわらず、気分が乗らないと言っては仕事を突然休んだり、スタッフに厳しいことばかり言っていたそうです。
特に、メイクを担当していた大野千香さん(柊瑠美)には辛く当たっていたとか。
このことを知った副署長は、自殺説にますます疑いを持たれました。
そんな中、加織さんと瞳さんの間にある過去の確執も明らかになりました。
実はこのふたり、陸上部で走り高跳びのライバル同士だったのです。
しかし、高3のときに初めて瞳さんに勝った加織さんは全国大会に出場。
美しい容姿が注目され、芸能界に入りました。
方や、瞳さんは26歳のときに交通事故で一人息子を亡くして離婚。
事故の日は瞳さんに代わり、加織さんが息子さんを幼稚園まで迎えに行く予定でしたが、急遽オーディションが入ったとか。
迎えが来ないことに不安を覚えた息子さんは、ひとりで幼稚園を飛び出し、事故に遭われたといいます。
加織さんは瞳さんに催眠術をかけられ、ビルから飛び降りたのでは?――そう推測した副署長。
しかし、瞳さんにはアリバイがあります。
では、一体どうやって…?
副署長の見解は次の通りでした。
瞳さんが加織さんにかけた催眠は「後催眠」と呼ばれるもの。
催眠が解けても、暗示が健在意識の行動となって表れるというものです。
瞳さんは予め、教会の鐘の音を聞いたら飛び降りるよう後催眠をかけておき、電話で加織さんを教会近くのビル屋上へと誘い出したのです。
しかし!
なぜか副署長の推理を聞いた瞳さんは、安堵の表情を浮かべられました。
まだ何かあるのでは…?
そう考えた副署長は、再び私に隠れて捜査を始められたのです。
やがて、副署長は事件当日に改修工事中だった教会の鐘が鳴らなかったこと、加織さんのメイクを担当していた千香さんの誕生日が11月3日だったことをお知りになりました。
しかし不可解なことに、千香さんの本当の誕生日は8月だったのです。
副署長は千香さんに事実を確かめました。
そして…事件当日に起こったことを掴まれたのです!
副署長は再び瞳さんのもとを訪れました。
そして、新たな事実を突きつけたのです。
加織さんは確かに後催眠をかけられていました。
しかし、飛び降りた日に鐘が鳴らなかったばかりでなく、瞳さんからの電話に出たのは一緒にいた千香さんだったのです。
つまり、瞳さんの計画は未遂に終わった!
加織さんは自ら命を絶ったのです。
実は加織さん、20年前に女の子を密かに出産。
付き人が引き取って育てていましたが、1歳のときに病死したのです。
付き人はそのことを言えず、翌年生まれた自分の子に同じ名前を付け、加織さんの娘のふりをさせ続けていたのです。
その子こそが千香さんでした。
そして、加織さんもまたその事実を知りながら、気づかぬふりをしていたのです。
ところが最近になって、加織さんはパーキンソン病になり、女優を引退することを決意。
千香さんに「一緒に住みたい」と申し出たのです。
しかし、誕生日プレゼントを渡すために呼び出した千香さんに、加織さんは申し出を拒まれてしまった。
失意の中、加織さんは飛び降りたのです。
しかし、加織さんへの憎しみに縛られている瞳さんの反応は、実に冷たいものでした。
そんな彼女に、副署長は加織さんの気持ちを伝えられたのです。
加織さんは瞳さんの息子を死に追いやってしまったことを心から悔いていました。
そして、ひとり病気で苦しんでいた加織さんは瞳さんと昔のような親しい関係に戻りたくて、睡眠ラボに通い始めたのです。
もしも瞳さんが加織さんの本心に気づいていれば、自殺を食い止める何らかの処置を取ってあげられていたかもしれない…。
副署長の言葉は瞳さんの心に突き刺さり、瞳さんと加織さんはようやく雪解けを迎えたのでありました。
事件だけでなく、凍てついた関係まで解決に導かれた副署長…さすがでございます。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『ギネ〜産婦人科の女たち〜』第5話

2009/11/12(Thu) 03:32
出演者:藤原紀香上地雄輔板谷由夏内田有紀西田尚美八嶋智人松下由樹中村橋之助本仮屋ユイカ近藤芳正吉田里琴國村隼

主題歌:leccaMy measure

エンディングテーマ:RYTHEMツナイデテ

原作:岡井崇ノーフォールト

ドキドキ第5話ドキドキ

美和子(西田尚美)の死をきっかけに、冷静さと判断力を失ってしまった奈智(藤原紀香)は、榎原(中村橋之助)が医長を務める婦人科に勤務することになる。
産科からひき離されることを知った奈智は抵抗するが、須佐見(國村隼)の命令でもあり、従うしかない。
一方、玉木(上地雄輔)は、君島(松下由樹)のもとで勉強することになった。
榎原は、奈智が客観的に自分を見つめられるようになるまで、手術はさせないと言い渡す。
自分の腕に自信がある奈智は納得できないまま、榎原の下で働き始める。
まもなく、慎一(八嶋智人)から桧口(板谷由夏)に、美和子の通夜の連絡が入る。
医師や看護師たちは、不用意な発言や謝罪をしないようにと瀬川(内田有紀)から通達されていた。
しかし桧口は、友人として徳本家を訪ねる。
葬儀の2日後、慎一の元に弁護士の岸本(半海一晃)がやってきた。
岸本は、美和子の死をめぐり、病院に落ち度があったかのような発言をし、日本の医療裁判の現状を説いて帰っていった。
その日の午後、病院を訪れた慎一は、君島と藤木(近藤芳正)から美和子の死因について説明を受ける。
二人の説明は丁寧なものだったが、岸本の話を思い出した慎一は、それを素直に受け取ることができなかった。
一方奈智は、婦人科に移って1ヶ月が過ぎ、まだ手術を執刀させてもらえずにいた。
手術をしたいと必死に訴えた奈智は、末期の卵巣がんで入院した女子高生・三井さやか(永井杏)の担当になる。
さやかは、がんが肝臓や肺に転移しており、榎原の見解では、1年生きられないかもしれないという。
しかし、病状を聞いたさやかの母・郁子(明星真由美)は、さやかに告知することを拒絶。
榎原に相談した奈智は、直接さやかに告知しようとするが・・・。
そんな中、「聖修大学病院で、院内感染の疑いで母体死亡」との記事が週刊誌に掲載され、病院内は騒然。
記事を見た奈智も衝撃を受け―。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『相棒 8』第4話

2009/11/12(Thu) 02:39
出演者:水谷豊及川光博益戸育江川原和久大谷亮介山中崇史六角精児山西惇片桐竜次小野了神保悟志岸部一徳近藤芳正

ドキドキ第4話ドキドキ

テレビ局社員の絵美が無人のスタジオで転落死した。
別件で来ていた右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、総務部の絵美が無人のスタジオにいたことに疑問を抱く。
転落死した隣のスタジオで聞き込みを始め、そこで収録中のバラエティ番組に出演していた教授・好田(近藤芳正)を紹介される。
大学では目の錯覚を専門にしている好田だが、局に到着したのは絵美が転落死した後。
渋滞に巻き込まれて到着が遅れたという完璧アリバイがある。
右京と好田の静かなる頭脳戦が始まる!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『浅見光彦〜最終章〜』第4話

2009/11/12(Thu) 02:38
出演者:沢村一樹風間杜夫原沙知絵黒田知永子田中幸太朗佐久間良子京野ことみ

主題歌:馬場俊英明日に咲く花

原作:内田康夫浅見光彦シリーズ

ドキドキ第4話ドキドキ

旅雑誌「旅と歴史の」編集長から、“加賀百万石”金沢の日本舞踊・桃陰流(とういんりゅう)の取材依頼を受けた光彦。
取材の話を聞いたお手伝いの須美子(原沙知絵)が、「私も一度金沢へ行ってみたい」というと、「一緒に行ってくればいいさ」と、兄・陽一郎(風間杜夫)が無責任に金沢行きを勧める。
母・雪江(佐久間良子)も一緒に金沢へ行くと言い出し、「兼六園にも寄りたいし、九谷焼のお茶碗も欲しい」と盛り上がる。
兄嫁・和子(黒田知永子)も「カニも季節に入りましたね」と、話に拍車をかける始末。
「仕事なんですけど…」と困惑する光彦をよそに、翌日には金沢へやってきた光彦と雪江、須美子の3名。
まずは、取材先となる「桃陰流」の稽古場へと向かった。
光彦らを出迎えた小川イネ(三篠美紀)の案内で奥へ進むと、和服姿の女性たちが見守る中、三味線と長唄の生演奏で踊る三之宮由佳(京野ことみ)と、それを見守る家元の川上トキ(香山美子)がいた。
稽古が終わり、光彦があらためてトキにあいさつをすると、「ご無沙汰しています」と、雪江がトキにあいさつをした。
そう、雪江はトキと顔見知りだったのだ。
二人の関係を知り驚く光彦に、「次の会で“蝶の道行”という舞を一緒に踊ります」と言って、先ほど踊っていた由佳を紹介するトキ。
それを聞いて、その場に居た他の弟子たちが凍りついた。
家元のトキと一緒に“蝶の道行”を踊るということは、トキが由佳を後継者として決めたということを意味していた。
それを聞いた高弟の大戸世志子(増子倭文江)がトキに詰め寄るが、トキは「次期家元をしっかり支えてほしい」と世志子に言うと、由佳が次期家元に決まったと記事にしてほしいと、光彦に頼んだ。
ほどなく稽古場を後にした光彦たちが兼六園へ行くと、売店で働いている由佳の母・志乃(大空真弓)と一緒にいた由佳と再会。
由佳が次期家元に決まったことを聞いた志乃は、それに猛反対。
踊りの世界から縁を切りなさいと語気を強め、由佳が家元になることを認めない…。
「いったい何があったのか?」と、怪訝に思う光彦。
由佳の話によると、昔、桃陰流の稽古場は山中温泉にあり、同い年のトキと志乃は、幼いときから踊りのライバルだったという。
そして、なぜだかトキの話になると、志乃は不機嫌になるのだという。
とそのとき、由佳の携帯が鳴った。
相手は世志子だ。
世志子に呼び出された由佳は、身の丈に合っていないから家元を辞退するようにと、遠まわしに迫られるが、由佳は改めて決意し、桃陰流を引き継ぐ覚悟を宣言して、その場を後にした。
その言葉を聞いて、立派だったと感心する光彦だが、当の由佳は「怖かった」と震え出す。
そんな二人のやり取りを窺っている人影が…光彦がその視線に気がつくと、気まずそうに立ち去った。
その夜、由佳と光彦が車に乗った暴漢に襲われた。
怪我をした光彦が桃陰流の稽古場で手当てを受けていると、警察がやってきた。
車の所有者という人物から、ナイフを持った暴漢に襲われたと通報があり、その暴漢が光彦だというのだ。
由佳が経緯を話しても刑事は聞き入れず、光彦は容疑者として署へ連行されてしまう。
そんなとき、世志子が遺体で発見された。
検視官の現場検証によると、その遺体に外傷はなく、なにかの毒物による中毒死だという…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『リアル・クローズ』第5話

2009/11/11(Wed) 01:30
出演者:香里奈黒木瞳高岡蒼甫西島秀俊小泉孝太郎加藤夏希能世あんな真野裕子えれなIMALU

主題歌:坂詰美紗子きっと大丈夫

原作:槇村さとるReal Clothes

ドキドキ第5話ドキドキ

達也(高岡蒼甫)のプロポーズを受け入れた絹恵(香里奈)は、実家の福島に戻る達也についていくため、仕事を辞める決意を固める。
その矢先、絹恵の企画したオリジナルウエディングドレスが美姫(黒木瞳)に採用され、商品化が決定。
美姫に退職の意志を伝えたい絹恵だが、言い出すことができない。
ウエディングドレスは商品化に向けて動き出し、絹恵は優作(西島秀俊)、瑞穂(能世あんな)、アヤ(えれな)らとチームを組んでPRのためのウエディングフェアーを企画することに。
退職を決意しているにもかかわらず、大きな仕事に抜擢されて戸惑う絹恵は、企画会議にも身が入らず気もそぞろ。
悩んだ末に優作や凌(加藤夏希)に結婚退職を決めたこと打ち明けるが、仕事まで辞めることはないと猛反発を食らってしまう。
やがて、越前屋での最後の仕事になると腹をくくった絹恵は「倒れてでもやり遂げる」と優作に宣言。
そんな絹恵を試すかのように、優作は次々と仕事を言い渡す。
その夜、絹恵は達也と会うが、仕事のことばかりが頭を占領し、結婚式の準備について持ちかける達也の話にもどこか上の空。
そして深夜、仕事に戻るという絹恵を「がんばれ」と送り出す達也だが、心にはやり切れない思いを抱えていた。
一方、美姫はライバルの『松善百貨店』も同じようなオリジナルウエディングドレスの企画を進めていることを知る。
プロジェクトにアドバイザーとして参加し、さまざまなブランドに共同開発のオファーをしているのは『GOLDY』の蜂矢(小泉孝太郎)。
その名前を聞いた美姫は複雑な表情になり…。
翌日、絹恵は優作に連れられ、越前屋に先駆けて始まった松善のブライダルフェアーへ。
10代から40代までの女性を対象としたイベントのコンセプトは絹恵らが考えていたものと酷似していた。
絹恵はフェアーの内容を練り直そうと優作に進言。
新しいアイデアを詰めようと張り切りる2人のどこか楽しげな姿を、達也が偶然見てしまう。
深夜、絹恵が自宅へ戻ると、達也が訪ねてきていた。
渡していた結婚式場の資料にも目を通していない絹恵に達也は激怒。
仕事にかまけて2人の将来に真剣に向き合おうとしないと絹恵を責め、「お前は変わった」と吐き捨てて部屋を出て行く。
絹恵は達也に会って2人の関係を修復したいと考えるが、「どうせ辞める仕事」と絹恵の仕事にかける思いを理解してくれなかった達也の言葉がひっかかり、連絡できずにいた。
そんな折、友人の結婚式で着る服に悩んでいた同僚のさゆり(久保田磨希)の話を聞いた絹恵に、ブライダルフェアーの新しいプランがひらめく。
開催が迫る中、フェアーの内容を変更すると言い出して瑞穂らを驚かせた絹恵が始めたのは、結婚式のゲストが着るパーティードレスのコーディネートだった。
閉店後の売り場で作業に没頭する絹恵の前に美姫が現れる。
ついに結婚退職のことを切り出そうとする絹恵に美姫は「未来は自分で選ぶもの。自分の居場所ぐらい、自分で決めなさい」と告げる。
ブライダルフェアーが始まった。
オリジナルウェディングドレスの受注会のほかに、ゲストドレスの個性的な着こなしを提案するショー、新婚生活に必要なリビング用品の特設ブースなど、絹恵の発案で結婚のトータルプロデュースをコンセプトに据えたフェアーは大盛況。
接客に大忙しの絹恵は、会場に来ていた達也を見つける。
ある決意を胸に秘めた絹恵は、達也の方へは向かわずに接客を続け…。
数日後、達也に会った絹恵は今の自分に仕事を辞めることはできないと言い、「結婚できない」と婚約指輪を返す。
「結婚より、仕事を取ると思ってた」と寂しげにつぶやいた達也は、絹恵に別れを告げ…。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『ライアーゲーム 2』第1話

2009/11/11(Wed) 00:41
出演者:戸田恵梨香松田翔太鈴木浩介吉瀬美智子渡辺いっけい

原作:甲斐谷忍LIAR GAME

ドキドキ第1話ドキドキ

ある日、バカがつくほど正直者の女子大生・神崎直(戸田恵梨香)の元に1億円の現金が届いた。
それをきっかけに人を騙して大金を奪い合う「ライアーゲーム」に参加することになった直は、元天才詐欺師の秋山深一(松田翔太)の協力を得て3回戦まで戦い、負債をゼロにしてゲームを終えた。
秋山は直の前から姿を消し、直にも平穏な日々が戻っていた。
それから2年、直の家に再び現金1億5千万円の入った箱が届いた。
4回戦進出は棄権すると決めいていた直だったが、現れたライアーゲーム事務局員の谷村光男(渡辺いっけい)に他のプレイヤーを救って欲しいと訴えられ、参加を決意する。
同じ頃、母の墓参りに来ていた秋山の前に事務局員のエリー(吉瀬美智子)が現れた。
直と同じく4回戦を棄権するつもりだった秋山だが、2年前に会ったのはゲーム出資者の1人であって主催者ではないと聞き、参加を決める。
同じ頃、もう1人、4回戦への出場を決めた謎の人物(菊地凛子)がいた。
車に乗せられ、第4ステージ・第1会場にやってきた直。
会場には秋山とこれまで一緒に戦ってきた福永ユウジ(鈴木浩介)、さらに西田勇一(荒川良々)、菊地翔(眞島秀和)、小坂妙子(広田レオナ)の姿があった。
久しぶりの再会に喜ぶ直と福永だが、直後、巨大モニターにディーラーのソラリオが映り、ゲームの解説が始まった。
ゲームは直・秋山・福永が太陽ノ国チーム、西田・菊地・小坂が月ノ国チームに分かれて、1対1で3つのゲームを行い、先に2勝したチームの勝利。
1人1億5千万円がチップで貸し付けられ、それを賭けて勝負が行われる。
ゲーム終了後の回収額は1人1億円。
5千万円はボーナスとしてプレイヤーに与えられるが、マネーの取り分はチームごとに計算されるため、自分が勝ってもチームメイトが負けると負債を抱えることになる。
先鋒戦は福永と西田、中堅戦は秋山と菊地、大将戦は直と小坂で戦うことが発表され、先鋒戦のゲームが“24連装ロシアンルーレット”だと告げられた。
両者が3発ずつ弾を込め、交互に引き金を引いていき、発砲音が鳴ると被弾。
5千万円が相手チームに支払われる。
チップを払いパスをすることもでき、5回連続パスでディーラーがチップを回収しゲームが流れる。
6発目の弾が発砲されるまでゲームは続くという。
まずはリハーサルが行われることになり、直と西田がテーブルに着いた。
ゲームを進めながらヒントを見つけようする直だが、終わってみれば4発も被弾していた。
力になれなかったと肩を落としながら太陽ノ国エリアに戻る直に、秋山は必ず勝てると宣言をする。
そして、ゲームエリアでは福永と西田のゲームが始まった。
西田を巧みに操り、被弾することなく引き金を引いてチップを稼いでいく福永。
そして、9発目。
引き金を引いた西田が初めて被弾する。
たまらず月の国からタイムがかかった。
太陽ノ国エリアに戻ってきた福永は、西田の被弾が作戦通りだったことを直に教える。
タイムが終わると圧勝で終わらせると福永は意気揚々とゲームエリアに戻っていくが、再開したゲームを見ていた直はあることに気付き…!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』
リンク
検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.