ドラマの動画が無料で観れます!

最近のエントリー
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

『Stand Up!!』最終話

2009/08/16(Sun) 04:43
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ最終話ドキドキ

『童貞の夜明け!』
健吾(山下智久)は、出かけていった正平(二宮和也)たちが何をしに行ったのかに勘付き、現場に駆けつける。
しかし、時はすでに遅く、正平たち3人に加え、健吾までもが暴力沙汰で警察に補導されてしまう。
警察での事情聴取も済み、4人は解放される。
しかし、帰った彼らを待っていたのは、商店街の大人たちからの厳しい追及だった。
ケンカの理由を一切口にしない正平たち。
見かねた町内会長・江波(清水章吾)や正平の父・京平(段田安則)は、子どもたちに対する取り締まりを一層強化せねばと話し合いを始める。
「じゃ、夏やり直しますか」
健吾の提案で、DB4は、もうすぐ戸越を去ってしまう千絵と海へ旅行に行く計画をたてる。
隼人はマキ(AKINA)を、功司も美智子(邑野未亜)と、それぞれの意中の彼女を誘うことに成功。
エレン(ベッキー)は、健吾が行くのならと、なかば強引にメンバー入り。
そして、千絵と正平。
男女4人ずつの海への旅行の始まり!
正平は店からコンドームも調達し、いよいよDB4童貞ご卒業への準備は完璧?!
正平たちご一行様は、無事、恋愛セレブ・久米直也(塚本高史)の別荘むけて出発する。
そして迎えた夜…。
いよいよ童貞ご卒業最大のチャンスがやってきた。
いよいよ卒業!と、コンドームをたくさん持って出発するDB4。
久米君が突如、“愛の意味をみつける”修行に出てしまったため、セレブな別荘行きはなくなってしまった。
代わりの宿、海を見下ろすコテージをなんとか調達して、いよいよ夜が来た。
功司は、美智子を好きになる決め手をほしかった。
が、彼女が自分と同じく、目を開けて寝る癖があるという告白を聞き、ゴールの決意を。
隼人は、49人の男を知るマキとひとりも知らない自分との大きな差に戸惑っていたが、「何人したとか、うまいヘタとか関係ない。私は宇田川隼人としたいの」と言うマキの言葉に、不安は消し飛んだ。
正平と千絵を同じ部屋にさせた健吾は、エレンの猛攻の犠牲に……!?
そして、正平と千絵ははじめて心を通わせる。
「愛とは、その人の心配を受け止めて、ホッとしてもらうこと」。
愛について悩んでいた正平だが、ついに答えがみつかった。
「うちにいろよ。俺が一緒にいるから。この先ずっと一緒にいるから。……大好きだ」
正平の優しい言葉に、千絵は安堵の涙を流した。
「長かった……」
2人がキスを、健吾、隼人、功司も、イイところだったその時、コテージの外で、セックス阻止の大きな声が! 
大人たちだった。
ロマンチックな卒業の夜は、大人主催のバーベキュー大会へと変更された。
その夜、DB4は朝日を一緒に見て考えた。
「セックスしたいから、するんじゃなくて、その人としたいから、する」のだと。
子供達が開眼した頃、大人たちは、コテージのそれぞれの部屋で官能の?夜を迎えていた。
忘れられない17歳の夏が終わった。
正平の愛に励まされた千絵は、帰っていった。
そして、冬が来た。
千絵のところへコンドームを持ってでかけようとする4人を、相変わらず大人が阻む。
「不純異性交遊は禁止だ!」
4人の童貞の日々は、まだまだ続く。

『Stand Up!!』第10話

2009/08/15(Sat) 04:06
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第10話ドキドキ

『傷だらけの初体験』
「ケンケン… 私、初めてじゃないの…」
千絵(鈴木杏)がつぶやいた一言で、健吾(山下智久)は動揺していた。
一方、正平(二宮和也)は、二人が泊まっている温泉に向けてひた走る!
そして、温泉旅館のふすまがガラリと開いた。
そこにいた人物は…!!
二人で温泉に行ったことがバレてしまった健吾と千絵は、商店街の大人たちから厳しく問い詰められるハメに。
健吾は、千絵との交際を認めて欲しいと訴える。
千絵は自分にとって特別な存在だとやっと気づいた正平。
自分の気持ちに忠実に行動しようと正平なりに頑張るが、根っからの不器用さがたたってか、その気持ちはなかなか千絵に伝わらない。
悩みに悩んだ末、正平は、健吾をライバル視することも止む無しと決断する。
京平(段田安則)の浮気疑惑事件により、腹を立てたとも子(片平なぎさ)は家出を。
とも子は、ふとしたきっかけから、千絵が嘘をついていることに気づく。
自らは何も語ろうとしない千絵。
隼人と功司の恋は順調!
童貞ご卒業も、もう目の前?と思われたが…。
ある少年が千絵に会いに戸越へやってきた。
少年の名は水沢(郭智博)。
千絵と同級生だ。
彼こそ、千絵を戸越に来させた原因だった。
千絵の純粋な心をもてあそび、千絵とつきあうことを仲間との賭けの対象にしたのだ。
傷ついた千絵は、何もなかった頃の自分に戻りたくて、戸越にやってきたのだ。
「好きだったから、最初は納得しようって。私は好きな人と、したんだからって。でも……。全部なかったことに。記憶消したくて。あの頃からやり直そうって。まだ、悩みのなかったあの頃から、もう一度。リセットして、記憶消してーー」
深い心の傷を抱えた千絵に、水沢は無情にも言う。
「被害者ぶってんじゃねぇよ!したかったんだろ? 俺と!」
千絵とのことが噂になっていて自分の立場が危ういから、合意の上だったと証言しろと、二学期は普通に学校に来いと強要する水沢に、千絵は言葉もなかった。
その頃、正平、隼人、功司も、千絵の同級生の早苗からすべての事情を聞いた。
あまりのことに、呆然とする3人。
ケンケンにも知らせようと、気負う隼人らを、正平が冷静に制した。
「千絵はこのこと、誰にも聞かれたくないはずだから」と。
その夜、正平は静かにバットを握り、ひとり水沢の元へ向かおうとする。
水沢をぶっ殺す。
それが、千絵のためにできることだと思ったから。
こっそり家を出ると、隼人と功司がいた。
「行くよ、俺らも」
「女の子の気持ちはわからないけど、これだけはわかる。あいつはクズだ」
3人の少年は、純粋な怒りの炎を燃やして、夜の商店街を歩き出した。

『Stand Up!!』第9話

2009/08/14(Fri) 08:13
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第9話ドキドキ

『親友に奪われた恋』
千絵(鈴木杏)に対する自分の思いにようやく気づき始めた正平(二宮和也)だが、それが本当に恋なのか、それとも友情なのか、思い悩む。
健吾(山下智久)は、千絵が自分の告白に対する返事をなかなかくれないため、焦りをつのらせ、正平にわずかなライバル心も抱くように。
隼人(成宮寛貴)と功司(小栗旬)は、健吾が千絵をそこまで好きなことが、いまだに信じられずにいた。
二人は、正平の千絵に対する思いも、恋ではなくて友情なのではないかと言うが…。
正平は、健吾と千絵がうまくいくよう、全面的に協力することを決意。
両親が商店街セールの準備で遅くなる日を狙い、健吾と千絵を二人きりにする作戦を練ることに。
一方ゆり子(西田尚美)は、妹のような千絵のためにと千絵と正平が二人きりになれるための作戦を考える。
そしていよいよ作戦実行の夜。
隼人はマキ(AKINA)と一緒にプールへ。
ゆり子のナース仲間(美人ぞろい)が浅井家に現れ、カラオケ大会になだれこむ。
このカラオケ大会に参加した京平(段田安則)は酔った勢いでナースとホテルでお泊まり、朝帰り。
とも子は怒って家を出てしまうことになる。
さて、正平と千絵だけは、なんとなく流れでカラオケに参加せず浅井家のリビングに残された。
ふたりっきりで微妙な空気の中、千絵は正平のことを「好き」と思わず告白。
”生まれてはじめて告白された”正平は衝撃のあまり、千絵に何も言えずに、一昼夜街をボーっと徘徊する。
その後、いすず先生(釈由美子)に相談、「年齢重ねると“好き”って言葉はあまりにも、重すぎて、爆弾すぎて、口に出さなくなるの。出さないように、駆け引きするの。それが……大人の恋愛だったりするの。多分、そういないよ。“好き”って言ってくれる人。ちゃんと返事してあげないと、ね。逃げないで」というアドバイスに、正平は千絵にちゃんと向き合う。
が、その返事は「友達として好き」だった。
正平にとっては恋も友情もどちらも大事で選べなかった。
一方、上戸越の福引きで温泉旅行を当てた健吾は千絵を誘う。
正平のことを諦めきれない千絵をなお「大事な人」と健吾は言う。
「今、拙者は、千絵にとってたったひとりの男じゃないけど、ゆっくりそうなれたらと思ってる」と真っ直ぐな瞳で自分に向き合う健吾に、千絵は涙を流した。
健吾と千絵が旅行に行くという情報は、DB3の耳にすぐ入ってきた。
輝美(水野はるか)に、千絵が帰省する前に、彼女の知らない正平の記憶を愛おしそうに聞いていったと知らされた正平は、動揺する。
千絵への気持ちは友情だと言っていた隼人と功司も正平に考え直すように促す。
「恋も友情もどっちもとるってことは、どっちも軽く見てることだ」という隼人の言葉を受けて正平は走り出す。
健吾たちの旅行先へーー。
その頃、静かな旅館の一室。
健吾と千絵はおそろいの浴衣を着て寄り添っていた。
千絵を抱き寄せた健吾に、千絵の口から出た言葉は思いがけないものだった。
「私、初めてじゃ、ないの」

『Stand Up!!』第8話

2009/08/13(Thu) 01:49
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第8話ドキドキ

『高校生の妊娠問題』
健吾(山下智久)は千絵(鈴木杏)を誘ってデート。
功司(小栗旬)は美由紀(水川あさみ)とデート。
にわかに恋愛モードに突入した二人の様子を見て、隼人(成宮寛貴)は焦る!
「ショーちゃん!せめて俺らもさ、好きなコぐらい欲しくねぇ?」
しかし、千絵への自分の思いにようやく気づき始めた正平(二宮和也)は、複雑な気持ちに…。
と、突然、隼人の胸に女の子が飛び込んできた!
隼人にすがり泣きじゃくるその女の子は、なんとDB4の宿敵・ギャル軍団のマキ(AKINA)だ!
マキが泣いていた理由、それは恋の悩み。
ミュージシャンの彼氏・シン(DAIGO☆STARDUST)と、うまくいっていないらしいのだ。
戸越では毎年恒例のロックフェスティバル『品川ロック』が近づいていた。
隼人は、『品川ロック』に出場することを決意。
バンドの練習に力を入れる。
しかし、バンドメンバーに欠員が。
欠員を埋めるため、正平がバンドに加わることに。
一方、功司は両親が留守の日に美由紀を自宅によぶ計画をたてる。
パーフェクトな初エッチを果たすことを決意する功司だが…。
そして『品川ロック』当日。
隼人と正平、この夏イチバンの晴れ舞台はどうなる?!
会場にはたくさんの観客が詰めかけていた。
エレン(ベッキー)、輝美(水野はるか)、美智子(邑野未亜)。
木村先生(的場浩司)にいすず先生(釈由美子)。
大人達も、取締という名目で客席に。
正平、隼人の出番が近づいてきたが、肝心の隼人が来ていない。
マキを呼びに行ったのだ。
司会が正平たちを呼ぶ。
まだ隼人は来ない。
無理矢理ステージに出された正平、健吾、功司、千絵。
早くはじめろと客席からのプレッシャーに、意を決して正平がひとりで演奏をはじめようとした時、隼人がマキを連れて現れた。
ステージに立った隼人は、演奏の前に語り始めた。
「今日はこの歌に、純潔の精神を込めます! ちなみに僕はっ……童貞ですがっ。ちなみに彼ら(DB3と千絵を指し)も童貞ですがっ! もし、いつか卒業できる日が来たら、相手の子を泣かせたり、寂しい思いをさせたり、絶対しないとここに誓う。そう、誓えないなら、するんじゃねぇ!(シンを指し) おめーらもするんじゃねぇ!(会場を指し) それが純潔!」
大きな拍手に包まれて隼人が演奏を開始しようとジャンプ! 
その瞬間、勢い余ってステージから落ちてしまった。
結局棄権となって、優勝はシンたちのバンドのものに。
がっかりする隼人の元にマキがやってきて、「生理が来た」と報告。
照れくさそうに感謝の気持ちを伝えるマキに、隼人は「今度デートしません?」と誘う。
今度は隼人がご卒業に一歩近づいたかと思いきや、マキのお馴染みの蹴りが炸裂した。
品川ロックが終わり、参加者が三々五々会場を後にしていく中、正平はせっかく練習した成果を発表できなかったことを悔やむようにギターをつま弾いていた。
そこへ千絵がやって来て正平の横に腰掛ける。
ふたりの間には微妙な距離があった。
「うまくなったね。それなら、すぐ見つかるよ。きっとすぐ、夏の恋、見つかるよ」。
千絵が微笑む。
正平は思わずつぶやいた。
「本当はそんなんじゃなくて、少しは気が紛れるかなって」。
健吾と千絵の仲が、正平の心を揺らしていた。
正平の思いがけない言葉に千絵からは「どう思ってる? ケンケンと私とのこと」という問いが返ってきた。
自分をのぞき込む千絵の瞳に、正平の心臓は早く打ちはじめた。

『Stand Up!!』第7話

2009/08/12(Wed) 01:22
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第7話ドキドキ

『純潔 VS 恋愛セレブ』
「突然ですが…練習試合しない?」
恋愛セレブ・久米直也(塚本高史)が、功司(小栗旬)率いる都立戸越高校サッカー部に練習試合を申し込んできた。
久米直也がはべらす美人マネージャーたちの中に、功司は見覚えのある顔を発見。
なんと、ラブホテルであと一歩…というところまでいった相手、美由紀(水川あさみ)だ!
直也が通う私立宮園学園は、戸越高校のライバル的存在。
功司たち生徒はもちろん、功司の父・昌司(清水章吾)をはじめとする商店街の大人たちも、この試合は負けられないと執念を燃やす。
再会した功司と美由紀は、すぐにイイ雰囲気に。
コー君、このままご卒業か?と思われた瞬間、衝撃的な言葉が功司を襲う!
一方、千絵(鈴木杏)に交際を申し込みたいという健吾(山下智久)の気持ちを、正平(二宮和也)、隼人(成宮寛貴)、功司は、なかなか理解できない。
しかし健吾は、積極的に千絵へのアプローチを続ける。
のんきな正平は健吾を応援するが、千絵の気持ちは複雑…。
そして、運命のサッカー対決の日。
この対決は、美由紀との関係を含め、功司にとっては決戦の日だ!
しかし、過度な練習がたたってか、戸越高校は故障者が続出。
コー君の男のプライドを賭けた戦いの行方はいかに?
故障者に代わり、試合に出ることになってしまった正平、健吾、隼人。
父、母、商店街の人々、いすず先生(釈由美子)、木村先生(的場浩司)などなどの大勢の人々の熱い応援の中、グランドを駆けるが、テレビゲームのサッカーゲームくらいしかやったことがない3人の動きは功司を苛立たせるばかりだ。
しかし、チャンス到来。
宮園学園のPKとなった。
功司は、ボールを蹴る前に、相手チームのマネージャー美由紀に宣言する。
「このシュートが入ったら、君のレギュラーになりたい!」
美由紀に、セフレとしてならつきあっても良いと言われた功司は、セフレなど補欠と同じと辞退ムードだったのだ。
結果は……シュート決まらず、試合も惨敗。
夕暮れ、膝を抱える功司のもとに美由紀が現れ、キスをする。
「あんなこと言われちゃ補欠にしておけないでしょ」。
DB4ご卒業レースで、功司が一歩リードとなった。
功司の急展開に驚く正平だったが、それよりも、思いもかけない自分の感情に戸惑いを覚え初めていた。
蚊が苦手な自分にそっと蚊取り線香を差し入れてくれた千絵。
サッカーの試合で一生懸命応援してくれた千絵。
いつでも正平を真っ直ぐみつめている千絵の表情が正平の心に焼き付いて離れない。
健吾が千絵とつきあいたいと告白したばかりなのに。
それを応援していたはずなのに……。
「俺 どったの?」

『Stand Up!!』第6話

2009/08/11(Tue) 01:29
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第6話ドキドキ

『火傷しそうな恋!』
いすず先生(釈由美子)への恋にやぶれた正平(二宮和也)は失意のどん底に。
千絵(鈴木杏)の励ましも得て、なんとか自分の気持ちを盛り上げようとするが、うまくいかない。
商店街は町内会長選挙にむけて選挙ムード一色。
突如、思わぬ人が出馬表明し、みんなを驚かせる。
そんな商店街にある情報が舞い込む。
「ケンケンがご卒業?!」
どうやら健吾(山下智久)が童貞を卒業したらしいというその情報は、商店街中にすぐに広がり、正平、隼人(成宮寛貴)、功司(小栗旬)の耳にも入る。
自分が合コンで狙っていた相手を横取りしやがって!
エレン(ベッキー)から告白されてるのに、なんだか余裕なソノ態度は許せん!
なんだか妙に感じの悪い健吾の態度に、隼人と功司は激怒。
DB4(童貞ボーイズ4人組)は一触即発の雰囲気に…。
正平は3人の仲をどうにか取り持とうとするが、ついに自らもキレてしまう。
もはや逆ギレ状態の正平、隼人、功司。
オレたちだって…と、女性との出逢いを求めて活動を開始する。
しかし、彼らが見つけた出逢いは、なんだか妙な方法で…。
父親達の選挙用サイトをのぞいていたケンケンをのぞくDB3は、文通で出会いを育むシステムに遭遇。
さっそく手紙を書き始めた。
すると、アッという間にそれぞれの文通相手といー感じの手紙のやりとりがはじまり、ご卒業へ一歩近づいてきた手応えを感じる。
さて、ケンケンに関しては、恋愛セレブ久米君(塚本高史)から実はやれなかったという噂を聞いたDB3は、猛烈にケンケンを責めまくる。
が、「あんなにしたかったセックスが目の前にあったのにやらなかった」わけは、好きな人じゃなかったからとケンケンは応える。
「園子のために」しなかったというケンケンを千絵は“気持ちを大事にした”と讃えた。
正平たちは親友の自分たちにも嘘をついていたケンケンが許せない。
その上、やれるものならやるに決まってると逆に燃えあがる。
それを聞いた千絵は「お手軽な女なんていない!」とこれまでにないほどの剣幕で3人を責めた。
けれどDB3はもう止まらない。
ついに文通相手と会うことに。
正平は年上の女性(猪俣ユキ)と彼女の部屋へ。
功司は同い年くらいの女の子(水川あさみ)とホテルへ。
目の前にあんなにしたかったセックスが!
ただひとり、隼人の元に現れたのは、なんと、ゆり子(西田尚美)で大ショック!!
だったのだが……。
そこへ、ケンケンからメールが。
「千絵が。橋集合」
それだけのメールに、なにごとかがあったのかと思った3人は、女の子を置いて駆けつける。
橋には、母・君子(杉田かおる)の突然の出馬、そして逆転勝利の選挙戦を見届けたケンケンと千絵が花火を持って待っていた。
5人は仲直りの花火を楽しむ。
正平は、3人、そして千絵という親友の存在に失恋の痛手をようやく忘れることができると思い、「俺、もう平気です!」と先生に笑顔で向き合った。
一方、ケンケンは「千絵に交際を申し込みに」、正平の家を訪れるーー!!

『Stand Up!!』第5話

2009/08/10(Mon) 07:22
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第5話ドキドキ

『ついに卒業第一号』
「先生と、付き合うことになったんだ」
正平(二宮和也)の言葉に、健吾(山下智久)、千絵(鈴木杏)、隼人(成宮寛貴)、功司(小栗旬)はビックリ!!
正平は急に勉強熱心になり、なんだか幸せそう。
隼人はそんな正平を見て、急に焦りだす!
功司、健吾も隼人にあおられ、3人は童貞ご卒業に向け、にわかに動き出すのだ。
まずはナンパ…と出かけた3人が出会ったのは、恋愛セレブ・久米直也(塚本高史)。
彼は3人のために、合コンをセッティングしてくれることに。
合コン当日。
折しも商店街は町内会長選挙の出馬表明会で、親たちの監視体制は手薄だ。
ついに健吾・隼人・功司はご卒業か?!
と、合コン途中、ふと気付くと健吾の姿が見あたらない。
おーっと、相手の女子大生にお持ち帰りされた模様!
どうなるケンケン!
残された隼人と功司が行ったところは…。
夜の繁華街。
隼人と功司は、とある風俗店に吸い込まれるように入っていった。
功司はさくさく風俗嬢を指名して、個室に。
いよいよ、ご卒業の時か?
思いきや、ぐずぐずしていた隼人が、なんと、木村先生(的場浩司)と鉢合わせ!
同じ風俗嬢を指名してしまうという運命のいたずらだった(涙)。
怒った先生は功司の個室を探しだし、ご卒業計画は失敗に終わるのだった。
そして、またいつもの寄合所に緊急招集された、親子たち。
功司の父・昌司(清水章吾)が怒鳴る。
「半人前は、半端なことするんじゃない!」
こんなことになったのも、正平がいすず先生(釈由美子)とつきあいはじめたからだと、隼人と功司は、正平を羨望の目で見る。
が、千絵が言う。
「本当は、先生に断られたんでしょ?」
真実は、いすず先生に「あなたはまだ、高校生なんだから、勉強して。進路決めて。立派な社会人になって、その時もしお互いフリーだったら、その時つきあおう」と言われただけであり、それはやんわりした断りを意味していた。
でも、正平は、その言葉にすがるしかなかった。
今一度、先生の元に向かった正平だが、「あなたを男性として見ることはできません」とついにきっぱり言われ、大泣きする。
その頃、健吾は、ふらりと家に戻ってきて、「セックスした」と君子(杉田かおる)に告げた。

『Stand Up!!』第4話

2009/08/09(Sun) 01:09
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第4話ドキドキ

『緊張の初体験!』
正平(二宮和也)が高校を自主退学!?
そんな怪情報が戸越の商店街中を飛びかう。
仲間の健吾(山下智久)、隼人(成宮寛貴)、功司(小栗旬)からまでも妙な誤解をされ、正平は何がなんだかわけがわからない。
その理由はしばらくして判明するが、正平の気分はいまイチ。
原因はいすず先生(釈由美子)だ。
思いきって送った告白メールなのに、いすず先生の返事はアッサリ。
「もう、17の夏は終わったも同然…」
そう正平が思った瞬間、彼の人生にひとすじの光が射す!
なんと、いすず先生からデートのお誘いが!!
運命のデートにむけて妙にはりきりだした正平を、健吾、隼人、功司はバックアップ。
心の中で正平を思う千絵(鈴木杏)も、複雑な気持ちながら、応援に加わる。
ロケハン、予行練習、そしてあらぬ妄想…。
準備万端で迎えたデート当日。
気分ノリノリ!で臨むデート。
京平に選挙運動を手伝えと言われたが、テストがあるからと、誤魔化す正平。
少々うしろめたい気持になりつつ、久米君(塚本高史)直伝のくどき文句「俺、君のこと、すっげぇ、好きかも」をいざというときの武器に、いすず先生と時を過ごす。
遠巻きに健吾、隼人、功司、千絵(変装している)が見守る中、デートは進行していく。
が、実はいすず先生は、正平の告白をきちんと断るためにデートしてくれていたのだった。
しかも、親たちに2人でいるところがバレてしまい、速攻、寄合所で緊急集会が行われた。
その席で、いすず先生はきっぱりと「正平くんはただの1生徒」と発言。
正平は絶望の淵に追いやられる。
その頃、健吾もショックを受けていた。
園子(上野なつひ)が大学生と一緒にいるところに遭遇、彼女のはじめての男だと知らされたのだ。
童貞の健吾を非難するような園子に、健吾はつい強気な反論をしてしまう。
本当は、「やばい、園子のこと、マジ、好きかも」と自覚したというのに……。
そして正平は、なお、いすず先生のことを諦められないでいた。
千絵から、いすず先生が正平のおかげで教師としての自覚を持ったのだと、だから、正平は「一番、大切な、大好きな、私にとっての最初の生徒」なのだと言っていたことを聞いたからだ。
正平は、京平(段田安則)の猛反対を振り切って、家を出るー。

『Stand Up!!』第3話

2009/08/08(Sat) 01:33
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第3話ドキドキ

『親達のいない夜!』
正平(二宮和也)、健吾(山下智久)、隼人(成宮寛貴)、功司(小栗旬)の童貞4人組は、なんとか旅行に行かないで済む方法はないかと計画を練る。
彼らの目的はひとつ。
親たちのいない東京で、女子たちとムフフすること。
一方、旅行を人一倍楽しみにしているのが千絵(鈴木杏)。
この旅行が、正平たちとの夏の最後の思い出になるのだから…。
正平ら4人は、大人たちにはもちろん、千絵にも計画を悟られないよう、周到に準備を整えて旅行当日の朝を迎える。
朝、商店街ご一行様を乗せたバスは熱海へ向けて出発した。
計画は大成功!
彼らが確信した直後、予期せぬ事態の発生が判明する。
そうそう計画がうまく運ぶはずはなかったのか…?
どうなる熱海ツアー?!
そして、DB4(童貞ボーイズ4人組)それぞれにはチャンスが到来!
切符をキャンセルし忘れたことにして、親たちと一緒のバスに乗らないことに成功した健吾たち。
現地集合なんて、嘘。
親のいぬ間に東京で、さらば童貞!
気分満々だ。
しかし、風邪で家にいた正平だけが無理矢理バスに乗せられてしまった。
しぶしぶ、熱海で親たちと過ごす正平だったが、いすず先生(釈由美子)が現れて、すっかりシアワセ気分に。
が、喜びもつかの間、先生から、過去の苦い体験のせいで生徒との恋にはもう懲りているという話を聞かされ、撃沈。
その頃、健吾、隼人、功司は、それぞれ思いを寄せる女子たちにとのドキドキの夜に向けて、準備を開始。
ところが、残念なことに、女子たちは来なかった。
ガッカリする3人だったが、偶然会ったエレン(ベッキー)、美智子(邑野未亜)、輝美(水野はるか)と、七夕でカラオケ大会を行うことに。
買い出しに出た隼人と輝美は、ひょんなことからイイ感じに。
実は過去に二人はつきあっていたのだが、輝美に好きな人ができて隼人は振られてしまっていた。
しかし、そこへ、親たちが帰ってきた。
正平がうっかり、健吾達は来ないと千絵に話したのを、耳にした親たちが、子供達に勝手はさせないぞと猛然と引き返してきたのだ。
夏の計画はポシャッってしまい、いらつく隼人たち。
正平に当たり、フォローに入った千絵も巻き込んでしまう。
落ち込んだ千絵は、東京を出る決意をする。
子供の頃から我慢ばかりしていた千絵を思い出し、4人は、もう一度千絵と夏をやり直そうと決意する。
そして、正平はいすず先生に告白メールを出す。
「学校を辞めて、生徒じゃなくなったら、僕を男として見てくれますか?」と。

『Stand Up!!』第2話

2009/08/07(Fri) 07:06
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第2話ドキドキ

『(秘)お泊まり計画!』
同級生の田中クン(菊田高之)のアドバイスを受け、童貞4人組の正平(二宮和也)、健吾(山下智久)、隼人(成宮寛貴)、功司(小栗旬)は、女子との出逢いを求めて予備校の夏期講習を体験することに。
予備校には、健吾の彼女・園子(上野なつひ)や同級生のエレン(ベッキー)、美智子(邑野未亜)、コギャル軍団(AKINA、芦名星、ちぇきな)の姿も。
間違えて女子トイレに紛れ込んでしまった正平たちは、園子が健吾とそろそろ一線を越えてもいいかなと友人に話すのを偶然耳にする。
健吾は、園子との「ソノ時」をスマートに迎える策を熟考。
その結果、園子と女友達を誘い、みんなで海へ一泊旅行に行くことを提案する。
正平・隼人・功司も健吾のナイスな提案に即賛同。
園子の女友達を事前に紹介されて、期待に胸をはずませる。
だが、ひとり正平だけは、メンバーに千絵(鈴木杏)が入ってることに納得がいかないでいた。
正平、健吾、功司の3人は、旅行の資金集めのためにピザ宅配のアルバイトを始める。
その頃、正平たちの不審な動きを察知した町内会の大人たちは、彼らの旅行を妨害すべく、ひそかに対策会議を開いていた…。
大人たちが考え出した妨害策とは一体?
旅行の日といすず先生(釈由美子)の補習が重なってしまった正平は、旅行に行かないと言い出す。
お祭りの件で彼女にはハートブレイクだったはずだが、やはりまだ忘れられないらしい。
千絵は正平と旅行に行くのを楽しみにしてるのにと健吾に言われ、「千絵は、そういう対象じゃないっていうか……」とつぶやく。
哀しいことに、その会話を千絵が聞いてしまった。
旅行のモチベーションが薄れた5人。
その上、子供達が計画する不純異性交遊の気配あふれる旅行を阻止するべく、親たちが考案した計画は、大人達自ら、商店街の旅行として、子供達とまったく同じ場所へ行くというものだった。
それを知った正平たちは、ますます行く気を失ってしまう。
その頃、旅行のためにピザ屋でバイトをしていた健吾が、偶然にもいすず先生の家にピザを配達、具合の悪くなった彼女を介抱することに。
その様子を、正平たちが運悪く(?)目撃。
「なんでもない」とサラリと言う健吾に、功司は熱く怒りをぶつけ、ふたりの仲は険悪に。
その傍らで何も正平は何も言えない。
本当は、健吾に腹を立てていたのに……。
ひとりになって、いすず先生のことを考える正平のもとに千絵がやってきて、健吾が心配していることを告げる。
そして、「(いすず先生のところに)お見舞い行ってきたら?言ってきな、好きって」と励ます。
正平は、思い切っていすず先生のもとに向かう……!

『Stand Up!!』第1話

2009/08/06(Thu) 01:00
出演者:二宮和也)・山下智久NEWS)・鈴木杏成宮寛貴小栗旬釈由美子的場浩司加藤貴子松本莉緒塚本高史ベッキー上野なつひ邑野未亜水野はるかAKINAFolder5)・芦名星香子ちぇきな)・真琴ちぇきな)・劇団ひとり西田尚美杉田かおる酒井敏也清水章吾段田安則片平なぎさ

主題歌:言葉より大切なもの

ドキドキ第1話ドキドキ

『17歳の性事情』(ネタバレ注意)
シャイで優しい浅井正平(二宮和也)。
グループ内では唯一彼女アリの岩崎健吾(山下智久)。
だまっていればカッコいいのに暴走系キャラの宇田川隼人(成宮寛貴)。
爽やか硬派キャラだが女の子の前に出ると急にナルシストになってしまう江波功司(小栗旬)。
彼ら4人は、東京のとある商店街で幼なじみとして育った、現在高校2年生・17歳の健全な男子たち。
彼らに共通していること─それは“童貞”。
つまり「エッチしたい!」と心から願い、日々妄想に心膨らませている。
その対象は、正平でいえば憧れの非常勤講師・いすず先生(釈由美子)だったり、健吾でいえば彼女だったり、まぁいろいろ。
4人のたまり場は、健吾の母・君子(杉田かおる)が経営するラブホテルの一室。
お年頃の彼らの行く手を阻むのは、商店街の大人たち。
会長の江波昌司(清水章吾)率いる町内会のモットーは「不純異性交遊反対!」
2003年夏。
1学期の終業式を控えたある日のこと。
ある事件をきっかけに、正平たち4人が“ラスト4”=「学年でまだ経験していない最後の4人」であるという事実が発覚する!
夏休み。
彼らの前に突然現れたのは、11年前に引っ越していった幼なじみ・大和田千絵(鈴木杏)。
正平の父母や姉(段田安則・片平なぎさ・西田尚美)の勧めもあり、千絵は夏休みを正平の家で過ごすこととなる。
商店街にも恒例の夏祭りの日が近づいてくる。
町内会は、先生たち(的場浩司・加藤貴子)らも巻き込み、風紀取り締まりの巡回警備体制を整える。
一方4人は、隼人の提案で、ひとつの誓いを立てていた。
そして、夏祭りの夜はやってきた!
「夏祭りヤロウでゴー! ヤロウナイト!」と大騒ぎで、夏祭りに臨んだDB4だったが、いきなり、正平がぬけがけを申し出る。
なにしろ、いすず先生が、デートをOKしてくれたのだ。
拍子抜けする残り3人。
千絵は、そんな4人を見て、「すぐにやったとか、やらないとか、チャンスだとか……、何なの、みんな。そんなことしか考えてないの!?」と幻滅して、ひとり祭りの人混みの中に消えていった。
微妙な気まずさを残して、5人別々の夜は更けていく。
健吾は、彼女の園子とついに、キス。
そして……というイ〜ところで、警備の親たちにみつかってしまう。
その頃正平は、目の前で、いすずが彼氏でもない男と仲良さそうにしているところに遭遇!
その上、「フツーに恋して、遊んで、たまぁにあぁいう悪ふざけも」する女であるとクールに言われ、呆然……。
ひとり家に戻った正平は、先に帰ってきていた千絵に、「(SEXは)好きな人とじゃなきゃダメだよ」と荒れる。
いらだつ正平に千絵は、11年前、自分が引っ越すときに送りにきてくれた姿が忘れられず、11年後もそのときのまま真っ直ぐな正平に会えて嬉しかったと伝える。
ふたりきりの部屋、正平と千絵はみつめって……。
リンク
検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.