ドラマの動画が無料で観れます!

最近のエントリー
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

『ハンドク!!!』最終話

2009/08/20(Thu) 00:36
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ最終話ドキドキ

一番(長瀬智也)は志半ばで医者を辞め、消息を絶っていた。
SMHは救急指定病院になり、医者は24時間体制で働くように。
道子(内山理名)も、一週間近く家に帰らず病院にいた。
高野(佐々木蔵之介)は、医者を辞め、弁護士になるべく勉強中。
臨月の恵(真中瞳)は、一子(沢村一樹)の看病をする毎日だ。
一子は、手術以降、意識が戻らず眠ったままだ。 
ある日、SMHの救急処置室に少年が運ばれてきた。
その少年には既に応急処置がされていた。
「バカイチ」と呼ばれる男の人が治療してくれたという。
道子はそれが、一番に違いないと思い、探し始める。
久々に再会した一番と道子。
道子は一番がまだ医者に未練があることを感じ取る。
しかし、母親とノブ(二宮和也)を目の前で亡くした一番の心の傷は、癒えていなかったのだ・・。
そんなある日、一番と道子、高野の三人は、恵の結婚式に出席することになり、高野の車で出かける。
ところが、トンネルに入ったところで落盤事故に巻き込まれる。
道子は胸に金属が刺さって、危険な状態だ。
一番は、目の前で苦しむ道子を助けたいと思うが、トンネルに閉じこめられたままで、医療道具は何も見付からない。
一番は医者としてのすべてを賭けて、この難局にぶつかっていく・・・。

『ハンドク!!!』第9話

2009/08/19(Wed) 00:39
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第9話ドキドキ

ノブ(二宮和也)がSMHの象徴である院長の一子(沢村一樹)を刺した。
親友の風(高橋一生)の命を病院に託したが、一子の思惑に利用され殺されたと思うと、憤りを押さえられなかった。
しかし、一番(長瀬智也)の声でノブは我に返る。
すると急に怖くなりその場を去るが、その途中バイクと衝突。
重傷を負う。
一番は、ノブを助けるために必死だった。
しかし、一子を刺したノブの治療を手伝う者は道子(内山理名)以外にいなかった。
検査はおろか、手術室も使用できない状況に陥る。
さらに警察がSMHにやってきた。
一子を刺したノブに事情を聞くためだ。
強引に救急車に運び込まれるノブ。
一番と道子は、ノブに連れ添うが、ノブの状態は危険だ。
しかも救急指定病院はどこもノブの受け入れを拒否している。
やっと行き着いた場末の薄汚れた病院は、検査器も何もない所だった…。
一方、一子は自分の右手の神経が元通りにならないことに気付いていた。
それは一子にとって、生きていても意味がないことを表していた。
死にたいと思う一子は恵(真中瞳)に「死なせてくれ」と懇願。
恵は一子の気持ちを察するが、お腹の子供のことを考えると生きていてほしい気持ちもあるのだった。
一子の手術は、SMHの精鋭医師らによって滞りなく進められていく…
一子の気持ちに反して。

『ハンドク!!!』第8話

2009/08/18(Tue) 00:33
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第8話ドキドキ

一番(長瀬智也)は、ノブ(二宮和也)の行方を捜していた。
ノブは「人殺し」と一番に言い放ち、姿を消したままだった。
ノブが一番を頼ってSMHに風(高橋一生)を入院させたのは、脳腫瘍の風を助けたかったからだ。
しかし、風にはクモ膜下出血で脳死判定が下された。
その後、ドナー登録と遺書により、風の心臓は正一郎(郭智博)に移植された。
しかし、ノブは風がSMHに利用され、殺されたと思っているのだった。
一番は、道子(内山理名)にノブにどう説明したら納得してもらえるかを相談する。
自分は医者に向いていないのでは・・・と珍しく弱音を吐く一番。
そんな中、恵(真中瞳)は、一子(沢村一樹)がなぜSMHに風を入院させたのか疑問を抱き、彼を訪ねる。
そのとき一子は突然涙を流し「水落め・・・」とつぶやいた。
水落とは一体何者なのか?
SMHでは、正一郎対策のカンファレンスが行われている。
親友の風が脳死し、彼の心臓が自分に移植されたと知ったら正一郎が精神的にショックを受ける。
それを防ぐための対策(口裏合わせ)だ。
しかし、一番は病院側の対応策にどうしても納得ができない。
正一郎にも、風が死んだと言えずにいるのだった・・・。
ある日、一番のもとに死んだ母親の友達・松下(あき竹城)がやってきた。
松下は、一番を見るやいなや、「ミズオチ先生にそっくりだ」という。
しかし、父親を知らない一番にとっては初めて耳にする名前だった。
一番はイネ(野際陽子)を訪ねる。
そこで水落について、そして自分がなぜSMHに入ったのかを知るのだった。
さらに、イネの衝撃的な告白が続き・・・。

『ハンドク!!!』第7話

2009/08/17(Mon) 20:53
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第7話ドキドキ

一番(長瀬智也)と高野(佐々木蔵之介)が恋愛の話で盛り上がっている。
どうも高野は女優さんに恋をしているらしい。
道子(内山理名)は、そんな二人に呆れ顔だ。
ある日、ノブ(二宮和也)が病院にやって来た。
ノブの後輩、風(高橋一生)が病気で、ノブは彼を助けたいという。
風は目が悪く、車椅子に乗っている。
実は、脳に腫瘍があって見えないのだが、本人はまだ知らないのだ。
一番は治療困難と判断をするが、一子(沢村一樹)が入院を促し、SMHに入院をする事に。
ノブは大喜び、一番にも感謝をする。
が、一子にとっては、医学進歩のための入院。
ある企みがあるのだった…。
入院した風は、夜中にギターを弾いたりと、トラブルを巻き起こす。
個室に入院してる正一郎(郭智博)とも喧嘩に。
一番が仲裁に入る有り様だ。
ところが、いつのまにか正一郎と風には友情が芽生えていた。
ノブは、そんな風を見て、またまた一番に感謝するのだった。
ある夜、正一郎に発作が。
緊急手術を行う事になり、一番も立ち会う。
正一郎は心臓の臓器移植手術をしないと助からないという。
そんな中、妊娠中の恵(真中瞳)は、生命の尊さについて考えていた。

『ハンドク!!!』第6話

2009/08/16(Sun) 05:52
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第6話ドキドキ

研修医達の査定が出た。
トップは恵(真中瞳)。
一番(長瀬智也)は最低のランクE。
月額給与は一万円で、家賃も払えない状態だ。
順風満帆だった恵が、手術に失敗をした。
妊娠によるめまいが原因だ。
恵は自らの妊娠を、研修医や指導医に告白。
恵の指導医である片桐(佐藤二朗)は、院長一子(沢村一樹)に知られないようにと、細心の注意を促す。
恵の失敗は自らの査定に響くからだ。
その夜、道子(内山理名)が恵を自宅まで送ることに。
恵は子供は産まないと。
そして最後の記念写真を道子と三人で撮ろうと言う。
ある日、出勤途中の誠(佐々木蔵之介)の目の前に唯(浅香唯)が現れた。
物売りの老婆はな(菅井きん)が倒れていたのを見て、助けを求めているのだ。
誠は、唯に気に入られたいが為に、はなを病院に運んでしまう。
救急指定病院ではないのに、だ。
はなの息子は、有名デザイナー水留みちる(川崎麻世)だった。
しかし、みちるは派手な生活を送る一方で深刻な借金に苦しんでいた。
そんな息子の見栄を見抜いているはなは、自分が死ねば保険金が入る、と考えているのだった。
翌朝、はなが病院を抜け出した。
一番ははなが死ぬ気だと思い、一子の制止を無視して探しに出る。
さらに、恵も一緒に行くという。
新しい命を宿った恵の中で、何かが変わろうとしていた・・・。
また、はなの決意を察したみちるは、母親を助けてほしいと一子に頭を下げるのだった。
様々な親子の愛情が交差する。

『ハンドク!!!』第5話

2009/08/15(Sat) 14:00
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第5話ドキドキ

一子(沢村一樹)からSMH(杉田玄百記念外科病院)の新たなシステムが発表された。
ドクター、ナースおよびSMHで働くすべての職員を対象としたカウンセリングルームの開設だ。
健康な心を持ち、最良の医療を提供しようというのだ。
ある日、道子(内山理名)が手術を放棄し、オペ室を飛び出した。
浪越(矢島健一)から指導の際、体に触られ、幼い頃に父から虐待を受けていたことを思い出してパニックに陥ったのだ。
一番(長瀬智也)は道子を心配するが、道子は心を閉ざしたままだ。
さらに衝撃的な事実が道子を襲う。
道子の母が、別れた父と再婚したいと言うのだ。
父親に対して恐怖と憎しみしかない道子は苦しむ。
一晩考えた道子は、父親のトラウマを克服するためにカウンセリングを受けることを決意する。
そして一番はそれを応援するのだった。
ノブ(二宮和也)がバイトする新聞取次店に新人、笈川(でんでん)がやってきた。
高齢の笈川は心臓が弱いが、ある夢のために懸命に働いているのだ。
しかし、新聞取次店に相次いで新聞配達拒否の電話が入る。
笈川が担当している地区から何件もだ。
一体なぜ??
そんな中、笈川が心臓発作を起こした。
そのとき、一番は笈川から衝撃の告白を受ける。
それは、愛する一人娘への伝言だった…。
しかもその娘とは!!

『ハンドク!!!』第4話

2009/08/14(Fri) 12:09
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第4話ドキドキ

一番(長瀬智也)の指導ドクター、財前(半海一晃)は頭を悩ませていた。
研修医の中で一番だけがエルステ(初めての手術)を済ませておらず、また手術をしたとしても、もし失敗したら自分の進退問題に関わるからだ。
出世欲がある財前にとっては、一番はまさに頭痛の種。
院長の回診の際、一子(沢村一樹)からの質問に一番が答えられなかったことも、さらに財前の気を重くすることに。
突然、一番にエルステのチャンスが訪れた。
何と財前が盲腸に苦しみ、緊急手術をすることになったのだ。
ある日、新聞の集金に出かけたノブ(二宮和也)は、幼稚園で白木(森口瑤子)と再会する。
白木は幼稚園の先生で、ノブの初恋の人、そして保護司だった人だ。
ノブは白木と再会し、昔よく書いていた絵をまた描き始める。
数日後に突然、白木からノブに電話が入った。
恋人の児玉(田中要次)が突然腹痛に見舞われたというのだ。
ノブは一番と共に白木の家を訪ねる。
一番は病院に行くことを促すが、児玉は拒む。
何か原因がありそうだ。
しかし、強引に病院に連れてきた一番は、道子(内山理名)に協力を求め、治療にあたる。
同じ頃、白木から「児玉が病院を拒む」理由を聞いたノブは、一番に内緒で児玉を病院から連れ出す。
ノブと白木、児玉が姿を消した後、病院に刑事がやって来た。
白木はある事件に関与の可能性がある男だった。

『ハンドク!!!』第3話

2009/08/13(Thu) 02:57
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第3話ドキドキ

イネ(野際陽子)の知人、西(竜雷太)がSMH(杉田玄百記念病院)に転院してきた。
理事長の知り合いとあって、特別扱いの患者だ。
出版社勤務の西は仕事の鬼で、自分が病気だと思っていない様子。
しかも「病院は究極のサービス業」だと言い、担当医である恵(真中瞳)の注意にも聞く耳を持たないありさま。
しかし心筋梗塞で次に発作が起きると危ない状態なのだ。
西からセクハラを受け、有給休暇を取った恵に代わり、一番(長瀬智也)が西の担当医になった。
気合と情熱で西に接する一番。
しかし、西の仕事にかける情熱も並々ならぬ物があり、なかなか治療は進まない。
とある有名作家を担当している西は、作家の原稿を入稿するまでは治療を受けられないと言うのだ。
一番は「文字より大切なのは命だろ」と訴える。
西の検査結果が出た。
手術は難しく成功の確率は低い。
西を助けたい一心の一番は、必死になって過去の文献を調べる。
そこで一子(沢村一樹)が行った心臓手術の記事を見つける。
さらに恵みから一子の過去を聞いた一番は、一子に手術の依頼をするため院長室を訪れたのだが…。
ある日、道子(内山理名)は母親(山口美也子)が父親と連絡を取っていることを知る。
父から虐待を受けていた道子は、過去の忌々しい記憶が蘇り、家を飛び出してしまう。

『ハンドク!!!』第2話

2009/08/12(Wed) 02:14
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第2話ドキドキ

研修医として杉田玄百記念病院で働き始めた一番(長瀬智也)は、院長の一子(沢村一樹)と激しく対立する。
医療に対して熱い情熱を持つ一番にとって、一子の病院経営理念は信じがたいものなのだ。
自殺未遂の患者、綾(岡田めぐみ)は一番が治療した患者だが、一子は死にたい患者を救う必要はないとして、転院を促す。
一番は病院の規則を無視して、病院に毎夜泊まり込む。
道子(内山理名)は批判しながらも、一番の洗髪を手伝ったりとなかなかいい雰囲気。
病院にやってきた一番の弟分ノブ(二宮和也)は、そんな二人の様子を見て冷やかす。
そんな中、ICUに入っていた綾の意識が戻った。
一番は綾のもとへ。
だが、綾は冷ややかな目線で「何で助けたのよ。ウザい」と言い放つ。
ショックを受けた一番は同期の恵(真中瞳)に早退届を渡し、病院を後にするのだった…。
一番の代わりに綾の担当になった道子は、綾の手足に小さな火傷の痕を無数に見つける。
親からの虐待だと感じた道子は、実は自身が親から虐待を受けていたことを綾に語りはじめる。
少しずつ道子に心を開きかけたかに見えた矢先、また綾が自殺未遂を…。

『ハンドク!!!』第1話

2009/08/11(Tue) 10:12
出演者:長瀬智也TOKIO)・内山理名二宮和也)・真中瞳佐々木蔵之介半海一晃矢島健一佐藤二朗今江冬子岡本麗沢村一樹野際陽子田口理恵宮本麻弥氏家恵堀つかさ保積ペペ佐藤康恵

主題歌:TOKIODR

ドキドキ第1話ドキドキ

真剣にブラックジャックに憧れる1人の男がいる。
狭間一番(長瀬智也)、元は池袋のギャングだ。
医療に対して不信感を持つ一番は、17歳の時に医師になるべく勉強を始めた。
そして国家試験に合格!!
晴れて医療の道に携わることとなる。
一番が研修医としてスタートする記念すべき日がやってきた。
勤務するのは「神の手を持つ男」と呼ばれる世界的な心臓外科医、新堂一子(沢村一樹)が院長を務めるSMH(杉田玄百記念病院)。
日本にただ1つの、グローバルスタンダードな医療システムを誇る外科専門の病院で、初診時のチェックインから退院するときの支払いまで、全てカード1枚で管理される。
最新式の医療技術を教育・訓練された医者と看護婦が、全ての患者のカルテを共有し、全力で治療にあたる。
まさに理想の病院だ。
が、一番は初日から寝坊。
同居人のノブ(二宮和也)に叩き起こされてやっと起きる有様だ。
慌てて出勤する一番は、老婦人イネ(野際陽子)にぶつかって横転させてしまう。
老婦人の身体を心配する一番は、イネをおぶったまま全力疾走し病院にたどり着くのだが…。
なんと一番は、不審者に間違われて一騒動起こしてしまう。
すでに解雇の危機に立つ一番。
最悪の研修医デビュー。
そんな一番を、同期の研修医らは冷ややかな目で見る。
真面目な優等生タイプの小島道子(内山理名)と、頭脳と美貌と経済的バックを合わせ持つ才媛、如月恵(真中瞳)だ。
バカなくらいまっすぐで、情熱的で、患者の痛みと自分の痛みを重ねて見られる一番は、ことごとく病院の規律を乱していく。
そんな一番に、一子は「この病院の神は僕だ」と冷たく言い放つのだった。
リンク
検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.