ドラマの動画が無料で観れます!

最近のエントリー
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

『華麗なるスパイ』最終話

2009/09/27(Sun) 03:14
出演者:長瀬智也TOKIO)・深田恭子世界のナベアツジャリズム)・藤原一裕ライセンス)・友近KIKI寺島進渡哲也高田純次伊藤かずえ柄本明金児憲史明樂哲典杉崎真宏岸田恵里子三原勇希Shihomi菅由彩子染谷夏子山田明郷山崎まさや飯沼千恵子花ヶ前浩一松田ジロウ池口十兵衛西田麻衣ガンビーノ小林武重勉川口節子杉山彦々加藤聡日本テレビアナウンサー

主題歌:TOKIO太陽と砂漠のバラ

ドキドキ最終話ドキドキ

ドロシー(深田恭子)に撃たれた吉澤総理(渡哲也)は一命を取りとめ、救急車で病院に搬送された。
ドロシーは警察に逮捕され、京介(長瀬智也)に「京介にも許せないことがあるでしょ」と言い残して連れて行かれた。
そして、三九(杏)とともに秘密諜報部に行った京介は霧山(寺島進)が来栖(世界のナベアツ)、オサム(藤原一裕(ライセンス))、エリス(友近)に拘束されているのを見つける。
来栖らはミスター匠(柄本明)からのメッセージを見ていた。
その中で、ミスター匠は世界主要都市の上空で気温を上昇させるミサイルを発射して世界を灼熱地獄に変えると宣言する。
地球を救わなければと焦る京介と三九だが、京介は相棒のドロシーをなくし、身動きができない。
ドロシーの大切さを実感した京介は、連れ戻すべく、三九とともに扮装して彼女の留置されている警察署に乗り込む。
だがそのころ、吉澤総理が生きていると聞いたミスター匠は、息の根を止めるようにと改めて指令を出し…

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』最終話

2009/09/27(Sun) 02:16
出演者:香取慎吾SMAP)・香里奈速水もこみちなぎら健壱つまみ枝豆福井博章畠山紫音高橋晃吉田翔柴田理恵ラサール石井伊武雅刀木村拓哉SMAP)・平泉成デビット伊東みのもんたキャイーン優香中村獅童

主題歌:両さん香取慎吾)「こちら葛飾区亀有公園前派出所

原作:秋本治こちら葛飾区亀有公園前派出所

ドキドキ最終話ドキドキ

ある日、銀行強盗立て篭もり事件発生の通報が入る。
急いで現場へ駆けつけた 両津 (香取慎吾) は、現場で指揮を執る 日下部刑事 (デビット伊藤) の言葉を無視し、ひとりで行内へと侵入していく。
するとそこには人質として捕らえられている 村瀬賢治 (中村獅童) の姿が…。
村瀬とは小学校時代の親友で、20年振りの再会。
以外な場所での再会に驚く両津であったが、その後、村瀬との協力の甲斐あって無事強盗を逮捕することに。
しかし、喜んだのも束の間、突入してきた警察によって、村瀬までも逮捕されてしまう。
村瀬は、幼い頃は優等生でひ弱な少年だったが、その後、荒んだ道を歩むようになり、今では暴力団の幹部に。
しかし、他の幹部にハメられ殺害の容疑で警察から追われる身となり、運悪く逃亡中に立て篭もり事件に巻き込まれてしまったのだった。
その後、村瀬は警察へ、一方、命令を無視した両津は謹慎処分を受けることに。
村瀬のことを気遣う両津は何とかして助け出す方法はないかと悩む。
と、そこへ村瀬が護送中のパトカーから逃走したとの知らせが…。
仲間の裏切りを絶対に許せない村瀬は復讐をしようと組に向かう。
しかし、そんな村瀬の前に謹慎中の両津が立ちはだかる。
そこで両津から体当たりの説得を受ける村瀬であったが…。
果たして、その結末とはいったい !!

『オルトロスの犬』最終話

2009/09/26(Sat) 02:22
出演者:滝沢秀明タッキー&翼)・錦戸亮NEWS関ジャニ∞)・水川あさみ八乙女光Hey!Say!JUMP)・山本龍二原田夏希忍成修吾波瑠柴俊夫六角精児佐々木蔵之介高畑淳子

主題歌:滝沢秀明ヒカリひとつ

ドキドキ最終話ドキドキ

沢村(佐々木蔵之介)の策略で爆発に巻き込まれた竜崎(滝沢秀明)と碧井(錦戸亮)、巽史明(平田満)は病院に運ばれる。
竜崎は史明を治さず、瀕死の史明は碧井に「鬼の手は神の手を消し去る。あいつを救えるのはお前だけだ」と告げ、亡くなる。
史明の言葉の意味を測りかねる碧井だったが、史明が実の父親であるという事実を知りこれまでの一切を理解する。
竜崎に父親を殺された…呆然とする碧井に、沢村は竜崎を殺すことを命じる。
一方、突如として世間に竜崎のメッセージが流れた。
これ以上"神の手"を使うことを止める、その前に希望する人全員を治す、というのだ。
治す代わりに「あなたは私に何をしてくれますか?」と問う竜崎。
世間に向けてのメッセージも、竜崎にとってはただ一人を待つメッセージ。
"神の手"と"悪魔の手"の最後の闘いが始まった…。

『華麗なるスパイ』第9話

2009/09/20(Sun) 01:35
出演者:長瀬智也TOKIO)・深田恭子世界のナベアツジャリズム)・藤原一裕ライセンス)・友近KIKI寺島進渡哲也高田純次伊藤かずえ柄本明金児憲史明樂哲典峯村リエ 杉崎真宏岸田恵里子三原勇希Shihomi菅由彩子染谷夏子向山志穂鈴木宗太郎松永陸西田麻衣ガンビーノ小林武重勉松尾英里子日本テレビアナウンサー)・加藤聡日本テレビアナウンサー

主題歌:TOKIO太陽と砂漠のバラ

ドキドキ第9話ドキドキ

ミスター匠(柄本明)からの電話をオサム(藤原一裕((ライセンス))が受けた翌日、霧山(寺島進)と吉澤総理(渡哲也)が会談する予定だったビジネスセンターに爆弾が仕掛けられる事件が起きた。
会談の時間と場所はSPと秘密諜報部員しか知らないはずなのに、その情報が漏れていたことから、霧山はテロリストと繋がっているものが諜報部内にいるのではと疑い始める。
せっかく出会った仲間を疑いたくない京介(長瀬智也)は霧山に反感を持つ。
互いを探りあうことになってしまった秘密諜報部で、京介は来栖(世界のナベアツ)からオサムがあやしいと告げられる。
二人でオサムの様子を探っていると、そのコソコソした様子を見たドロシー(深田恭子)は二人こそミスター匠のスパイなのではと疑う。
一方、吉澤総理は秘密諜報部の存在が明るみになったことで、その進退が問題となっていた。
マスコミの追及をかわして戻った首相官邸の執務室で吉澤総理はある人物に出会う…

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第7話

2009/09/20(Sun) 00:38
出演者:香取慎吾SMAP)・香里奈速水もこみちなぎら健壱つまみ枝豆福井博章畠山紫音高橋晃吉田翔柴田理恵ラサール石井伊武雅刀内村光良本上まなみ温水洋一

主題歌:両さん香取慎吾)「こちら葛飾区亀有公園前派出所

原作:秋本治こちら葛飾区亀有公園前派出所

ドキドキ第7話ドキドキ

亀有でひったくり事件発生!急いで現場に駆けつける 両津 (香取慎吾) と 中川 (速水もこみち)。
するとそこには、すでに犯人を逮捕している交通機動隊の 本田速人 (内村光良) の姿があった。
白バイにまたがる本田はキリッとした渋い姿であったが、白バイから降りた瞬間、その姿は一転、急にキャラが変わりナヨっとした感じになってしまう。
実は、白バイ隊員の本田は “二輪の悪魔” と呼ばれるほどの暴走警官であるが、一度バイクを降りると、超軟弱で気弱な男になってしまう二重人格男だったのだ。
そんな本田も女性に対しては、失恋するとわかっていてもすぐに好きになってしまう惚れやすい性格。
つい最近も保育士の 美佐 (本上まなみ) に一目惚れをしたばかり。
それを知った両津は、面白がって美佐に本田とデートして欲しいと申し込む。
以外にもすんなり美佐から OK してもらえた本田であったが、喜んだのも束の間、美佐が暴力的な男性が大嫌いだということを知り複雑な気持ちに…
落ち込む本田のために両津は二人のデートがうまくいくように全面的にサポートするというのだが…
さらに、本気で美佐のことを好きになってしまった本田は、美佐のために白バイを降りる決意をする。
と、その時、園児たちを乗せたバスがジャックされたとの通報が !!
白バイを降り、ヘタレな本田は、勇気を振り絞って園児たちの救出に向かうが…

『オルトロスの犬』第8話

2009/09/19(Sat) 02:02
出演者:滝沢秀明タッキー&翼)・錦戸亮NEWS関ジャニ∞)・水川あさみ八乙女光Hey!Say!JUMP)・山本龍二原田夏希忍成修吾波瑠柴俊夫六角精児佐々木蔵之介高畑淳子

主題歌:滝沢秀明ヒカリひとつ

ドキドキ第8話ドキドキ

竜崎(滝沢秀明)の"神の手"の力を求めて、病院爆破の一件を模倣した事件が日本中で多発。
騒ぎを治めるためにも榊社会厚生大臣(高畑淳子)は竜崎の力を保護するための法案の成立を目指す。
この騒ぎをコントロールし、女性初の総理になるために、榊は再び熊切社長(柴俊夫)、沢村(佐々木蔵之介)と手を組む。
一方、竜崎は二宮(六角精児)からある情報を提供される。
病院爆破事件の現場に、一人の男がいたというのだ。
彼の居場所をつかんだ竜崎は、その男・巽(平田満)に会いに行く。
その頃、竜崎の力で治された白川加奈(波瑠)とその母親(朝加真由美)は世間から嫌がらせを受けていた。
心配した碧井(錦戸亮)が二人の家を訪れると、そこには神父・巽がいた…。

『任侠ヘルパー』最終話

2009/09/18(Fri) 01:20
出演者:草剛SMAP)・黒木メイサ山本裕典薮宏太Hey! Say! JUMP)・五十嵐隼士仲里依紗夕輝壽太加藤清史郎中別府葵安田美沙子橘ユキコ山田親太朗高木万平高木心平甲斐まり恵三浦まゆ向井理松平健宇梶剛士大杉漣夏川結衣

主題歌:SMAPそっと きゅっと

ドキドキ最終話ドキドキ

翼彦一(草剛)、四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、二本橋賢吾(宇梶剛士)は、「タイヨウ」が閉鎖に追い込まれたことを鷹山源助(松平健)に報告する。
その頃、「タイヨウ」では、美空晴菜(仲里依紗)やが、利用者たちの受け入れ先を探していた。
そんななか、羽鳥晶(夏川結衣)は認知症専門の施設への入所が、涼太(加藤清史郎)は、晶の元夫・藤堂慶太郎(陣内孝則)に預けられることが決まり、ふたりも出て行くことに。
出発の日、迎えの車に荷物を積んでやった彦一に晶が、写真を撮らないかと提案。
晶の携帯の液晶画面に、3ショットが収まった。
一方、閉鎖された「タイヨウ」に、多数の高齢者がやってくるという事件が起こる。
高齢者を連れてきた鎌田公造(渡辺哲)は、自分が経営する施設がつぶれたため、高齢者が行き場を失ったと言い、一晩でもいいから預かってほしい、と懇願。
園崎は、仕方なく受け入れるが、翌朝、鎌田と連絡が取れなくなる。
それでも、高齢者たちを見捨てられないため、「タイヨウ」では炊き出しが始まり、彦一らもそれを手伝う。
温かい食事に感謝をする高齢者たちに、“任侠ヘルパー”たちの胸にも熱いものがこみ上げてくる。
すると、突然、彦一が持っていたお玉を投げ捨てて出ていく。
追いかけてきた五郎らに彦一は、“研修”が終われば、自分たちはまた高齢者を食い物にして生きていくんだ、といらだちをぶつける。
再び極道に戻る自分たちが何をしているんだ――彦一の気持ちは揺れる。
そして、リビングにやってくると、藤堂の家にいるはずの涼太がいた。
涼太は晶が心配で施設を訪ねたが、晶に帰るように言われ、傷ついて「タイヨウ」にやってきたのだ。
事情を知らない彦一は、帰るように怒鳴りつける。
嫌がる涼太は、彦一に噛み付き抵抗。
やがて、大声をあげて泣き始める。
彦一はそんな涼太を、グッと引き寄せる。
翌朝、「タイヨウ」に藤堂ら厚生労働省の職員がやってくる。
業務停止中にもかかわらず、新しい入居者が増えたらしいと聞きつけてきたのだ。
ロビーにあふれる高齢者を見た藤堂は、医療面と衛生面に問題があるから保健所を呼ぶと電話を手にする。
すると、そこへ六車雅人(夕輝壽太)が現れ、「タイヨウ」を介護施設としてではなく、集合住宅として申請すればいいのだろう、と藤堂に迫る。
六車の機転のきいた行動のおかげで、ひとまず難局を乗り切ることができた。
そんなところへ、大島陽介(山田親太朗)ら辞めたヘルパー5人が「もう一度手伝いたい」と復帰してくる。
「タイヨウ」に活気が戻ったかに思われた矢先、高熱を出す高齢者が続出。
藤堂が指摘していた集団感染が起きたのだ。
彦一らは、高齢者たちを救急車に乗せ病院へと送る。
幸い重篤者は出なかったが、不十分な施設の現実を突きつけられる結果となった。
後日、入院中の高齢者も含め、全員の受け入れ先が決まり、「タイヨウ」が正式に閉鎖されることになった、と園崎が報告する。
その後、職員寮に戻った“任侠ヘルパー”の前に和泉零次(山本裕典)が現れ、鷹山が選んだ幹部は彦一だと発表する。
しかし、選出の理由や“研修”の目的については語られず、彦一らのなかには釈然としない思いが残る。
しかし、「タイヨウ」が閉鎖され“研修”が終わった以上、ここを出なければならない。
荷物をまとめて施設を後にしようとするが、そのとき、どういうわけか、別の施設へ行った高齢者たちが戻ってくる。
驚きつつも、彼らを受け入れる園崎とヘルパーたち。
それを見た五郎は、極道スーツからヘルパーのユニフォームに着替えはじめる。
そんな五郎を尻目に、彦一は施設を後にする。
彦一がやってきたのは、認知症専門施設にいる晶のところだった。
眠る晶のベッドの足元に座り、静かな口調で自分の無力さを嘆く彦一。
やがて、目を覚ました晶は、彦一が自分に言ってくれたように、いつでも自分らしくあればいいのでは、と語りかける。
翌日、隼會の幹部総会が開かれる会場に、りこがやってくる。
部屋の前で挨拶をしふすまを開けるが、なかには誰もいない。
りこがあっけに取られていると鷹山が現れ、彦一の気まぐれで総会は中止になったと告げる。
そして、彦一が幹部を辞退し、替わりにりこを推薦してきたと明かす。
その頃、「タイヨウ」にいた彦一は、外からの侵入者を防ぐため、和泉、三樹矢、五郎、二本橋とバリケードを作っていた。
「タイヨウ」の前には、彦一らの暴走をかぎつけた警察、マスコミ、利用者の家族らが集まり、騒然としていた。
そのなかにいた藤堂から電話が入り、すぐに高齢者たちを解放しろ、と促されるが、彦一は、ここにいる高齢者は新しい施設に行っても結局たらい回しにされるだけだから、自分たちが最期まで面倒みる、と言ってそれを拒否。
やがて、突入を決めた警官たちが続々とバリケードをやぶり施設内に侵入してくる。
彦一らは、激しい暴力で応戦するが、数で圧倒的に勝る警官たちに制圧されてしまう。
そして、彦一は手錠をかけられる。
そこへ、組の者を引き連れたりこがやってくる。
まだ終わっちゃいねえぞ、という怒号とととも警官たちに襲い掛かる四方木組の者たち。
それを見る彦一の顔には、かすかな笑みが浮かんでいた。
翌日の新聞には、「タイヨウ」での暴行事件が大きく取り上げられたが、そのほとんどが介護に関する現在の行政を批判するものだった。
数ヵ月後――。
りこは正式に隼會本家の幹部に迎えられ、五郎は介護の専門学校に通い、晴菜ともいい雰囲気になっていた。
二本橋は、愛娘との関係を修復しつつあり、六車は、介護関係の会社を立ち上げその社長に就任、三樹矢は女好きを復活させていた。
一方の彦一は、施設の近くの砂浜のベンチに座っていた。
するとそこへ、高級車の列を連ねてりこがやってくる。
りこは、刑務所から出てきたばかりの彦一に会いに来たのだ。
組に戻るのか、と尋ねるりこに、今後のことは決めていないと答える彦一。
そしてりこは、頼みがあるというと、おもむろに彦一の胸倉をつかんでキスをする。
その後、彦一は、再び晶のもとを尋ねる。
晶は、庭に涼太といたが彦一のことを認識しない。
「今日は忘れちゃってるみたい」と慣れた様子で明るく言う涼太に、彦一も笑顔を見せる。
しかし、晶に向かい合った彦一がタバコを吸おうとライターを鳴らした瞬間、晶が「ここは全面禁煙よ」と覚醒する。
それを聞いた彦一は、再び微笑む。
同じ頃、自転車に乗って「タイヨウ」にやってきた園崎は、入り口に貼ってあった閉鎖の知らせをはがし――。

『新・警視庁捜査一課9係』最終話

2009/09/17(Thu) 02:52
出演者:渡瀬恒彦井ノ原快彦V6)・羽田美智子津田寛治吹越満田口浩正中越典子遠藤久美子浅見れいな畑野ひろ子原沙知絵

主題歌:V6GUILTY

ドキドキ最終話ドキドキ

人暴力団員・郷田の射殺体が発見された。
正面から何者かに銃で撃たれたようだが、暴力団同士の抗争だろうか?
現場に駆けつけた警官が、不審な男を拘束。
9係が臨場し、男は国会議員・大江の第一秘書、西脇であることが判明する。
青柳(吹越満)らは取り調べを始めるが、必死で事件とは無関係であることを主張する西脇。
だが倫太郎(渡瀬恒彦)の機転で、実は大江議員は何者かに誘拐され、身代金として二億円を要求されていた、ということが判る。
つまり西脇は身代金を届けに行き、偶然郷田の殺害現場に出くわしただけだったのだ。
その後、犯人から「医者を連れて来い」という新たな要求が入る。
大江議員は重度の低血糖症によりこのままでは死に至る可能性もある。
犯人はその大江を治療する医者を探しているのか?
倫太郎は、監察医・真澄(原沙知絵)に頼み、真澄は犯人が指定した場所で待機する。
9係のメンバーも万全の態勢で張り込むが、真澄は忽然と消えてしまう。
このままでは大江議員も真澄も殺害される可能性がある。
ただでさえ危険な状態にある大江。
一刻の猶予も許されない。
このまま9係単独での捜査を続けるか、公開捜査に切り替えるべきか…判断を迫られる村瀬(津田寛治)。
こうした中、犯人からさらに二億円の要求がされる。

『華麗なるスパイ』第8話

2009/09/13(Sun) 04:00
出演者:長瀬智也TOKIO)・深田恭子世界のナベアツジャリズム)・藤原一裕ライセンス)・友近KIKI寺島進渡哲也高田純次伊藤かずえ柄本明金児憲史明樂哲典TERU土師野隆之介栗原みいか岸田恵里子三原勇希Shihomi菅由彩子大矢真夕山田明郷宮下裕治鈴木宗太郎松永陸堀田興生

主題歌:TOKIO太陽と砂漠のバラ

ドキドキ第8話ドキドキ

エリス(友近)、オサム(藤原一裕(ライセンス))、ジョセフィーヌ(KIKI)、源一(高田純次)、泉(伊藤かずえ)の待つ秘密諜報部に細菌テロが計画されているとの情報が入る。
捕らえられた京介(長瀬智也)、ドロシー(深田恭子)、霧山(寺島進)の三人も島が台風の暴風圏に入る前に脱出しなければいけない。
その時刻は迫る。
一方首相官邸では、吉澤総理(渡哲也)が幹事長から秘密諜報部の存在が野党に漏れたことを聞かされる。
追求を避けるため、すぐに諜報部を解体するようにという幹事長と秘書官らに、情報を漏らしたのは幹事長たちではと疑う吉澤総理。
牢獄に戻された京介と霧山はミスター匠(柄本明)の前に突き出される。
ミスター匠は京介に、自分に協力し、吉澤総理を暗殺するよう再度言うが、従うそぶりを見せない京介にロシアンルーレットをしようと銃を出す。
霧山は京介を止めようとするが、匠の味方になるなら死んだ方がましだと京介はそのゲームを受ける。
京介はこめかみに銃を当てるが、恐怖にかられ、撃つことができない。
撃てないなら吉澤総理を殺せと言うミスター匠の声に京介は銃の引き金を引く…

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第6話

2009/09/13(Sun) 03:16
出演者:香取慎吾SMAP)・香里奈速水もこみちなぎら健壱つまみ枝豆福井博章畠山紫音高橋晃吉田翔柴田理恵ラサール石井伊武雅刀島袋寛子田中幸太朗小柳友AKB48

主題歌:両さん香取慎吾)「こちら葛飾区亀有公園前派出所

原作:秋本治こちら葛飾区亀有公園前派出所

ドキドキ第6話ドキドキ

ある日、美術館に “エンジェルダスト” と名乗る強盗団からの犯行予告が届く。
エンジェルダストが狙うのは画家・三日月八雲が描いた “ディーバ” 3部作のうちのひとつ “ディーバの微笑”。
厳重に警備された美術館で、ひとり屋上で張り込みをする 両津 (香取慎吾)。
とその時、両津の前を横切るエンジェルダスト・真奈美 (島袋寛子) の姿が…。
“ディーバの微笑” を手に逃げる真奈美を必死に追う両津。
あと少しで追いつくかと思われたその時、両津は手を滑らせて高所から落ちてしまう。
次の瞬間、それを助けようとした中川と激突。
駆け寄る 麗子 (香里奈) と 部長 (伊武雅刀) の声で意識を取り戻す両津であったが、その姿はいつもと違う様子。
なんと激突したショックでふたりの魂が入れ替わってしまっていたのだ。
その後、気を失ったままの 中川 (速水もこみち) は病院へ入院。
一方、魂が入れ替わり、自分が中川だと言い張る両津は中川財閥の社長である中川の地位や財産を利用しようと考える。
以前から中川を知るものはいつもと違う社長の姿に戸惑うが、そんなことはおかまいなしの両津は、しまいには所有する数々の美術品もすべて売り払うと言い出す始末。
その中には、エンジェルダストが次に狙う “ディーバの涙” もあった。
それを知った真奈美は “ディーバの涙” を手に入れるために中川と入れ替わった両津を誘拐しようと企てる。
ちょうどその頃、気を失っていた中川が目を覚まし…

『オルトロスの犬』第7話

2009/09/12(Sat) 04:15
出演者:滝沢秀明タッキー&翼)・錦戸亮NEWS関ジャニ∞)・水川あさみ八乙女光Hey!Say!JUMP)・山本龍二原田夏希忍成修吾波瑠柴俊夫六角精児佐々木蔵之介高畑淳子

主題歌:滝沢秀明ヒカリひとつ

ドキドキ第7話ドキドキ

竜崎(滝沢秀明)が"神の手"の力を公開したことで、日本中が大混乱に陥っていた。
患者や病人を抱える家族たちは竜崎の力を求めて榊社会厚生大臣(高畑淳子)の元に押し寄せ、榊は沢村敬之(佐々木蔵之介)に竜崎の行方を至急突き止めるように命じる。
そのころ、加奈(波瑠)の母親が入院する美澄総合病院に爆弾を仕掛けたという知らせが入る。
竜崎が入院患者を治さなければ、爆破するというのだ。
加奈に避難を促す碧井(錦戸亮)。
しかし加奈はそれを拒否し、ほかの患者たちと共に竜崎の力を求めて病院に立てこもる。
渚(水川あさみ)と共に姿をくらましていた竜崎は…。

『任侠ヘルパー』第10話

2009/09/11(Fri) 02:42
出演者:草剛SMAP)・黒木メイサ山本裕典薮宏太Hey! Say! JUMP)・五十嵐隼士仲里依紗夕輝壽太加藤清史郎中別府葵安田美沙子橘ユキコ山田親太朗高木万平高木心平甲斐まり恵三浦まゆ向井理松平健宇梶剛士大杉漣夏川結衣

主題歌:SMAPそっと きゅっと

ドキドキ第10話ドキドキ

翼彦一(草剛)は、羽鳥涼太(加藤清史郎)と羽鳥晶(夏川結衣)のマンションにいた。
晶は、堀井皐月(安田美沙子)に付き添われベッドルームにいたが、病状が進み不安にさいなまれていた。
同じ頃、「タイヨウ」や「ハートフルバード」に送られて来た写真のせいで正体がばれた彦一らに事情を聞こうと、「ハートフルバード」から日野弥生(中別府葵)がやってくる。
四方木りこ(黒木メイサ)らが、「タイヨウ」に来た目的を話さないでいると、弥生は本社からの指示で、「タイヨウ」とのフランチャイズ契約を解除することになった、と宣告する。
りこから連絡を受けた彦一は、「タイヨウ」に戻ろうとするが、そんなとき、涼太がシャワーを浴びに行った晶の様子が気になると不安げな顔を見せる。
彦一は浴室のドアを叩き声をかけるが、中から反応はない。
彦一がドアを開けると、晶が洋服のままシャワーに打たれ倒れていた。
晶は手首を切り自殺を図ったのだ。
彦一に救助され病院に運ばれた晶は、一命を取り留めた。
意識が戻った晶に園崎康弘(大杉漣)は、「タイヨウ」に来ないか、と提案し、晶もそれを受け入れる。
そして、涼太とともに新生活を始める。
さらに、園崎は、「タイヨウ」を出ていくことを決めた彦一らにも、新しいヘルパーが来るまでいてほしい、と慰留する。
ところが、美空晴菜(仲里衣紗)らヘルパーは、彦一らを白い目で見はじめ、施設内に不穏な空気が流れるようになる。
その頃、和泉零次(山本裕典)から「タイヨウ」に写真を送ったのは鷲津組を破門された者の仕業だろう、と報告を受けた鷹山源助(松平健)は、零次に事の収拾を図るように頼む。
そんな折、「ハートフルバード」の新社長になった長谷川司郎(相島一之)は、秘書・弥生を伴って厚生労働省の藤堂慶太郎(陣内孝則)を訪ね、社長就任の挨拶をしていた。
藤堂は、晶の辞任が社内のクーデターとの噂があると指摘、さらに「タイヨウ」のフランチャイズを打ち切った理由を教えてほしい、と鋭く迫る。
若年性認知症が進行する晶は、取り乱したり暴れたりすることが増え、ある日、涼太を突き飛ばしてしまう。
涼太は、その拍子に後頭部を打ちこぶをつくる。
翌朝、それに気づいた晶は、彦一に頼みがあると告げる。
そして、彦一とともに出かけ、元夫である藤堂に会う。
今は別の女性と結婚しているが、藤堂は晶の病状を知っており、涼太を託したいという晶の願いを聞き入れる。
同じ頃、マスコミ各社にも送られていた写真を見た記者らが「タイヨウ」にやってくるようになり、園崎らは対応に四苦八苦する。
そんななか、六車雅人(夕輝壽太)が「タイヨウ」を出ていってしまう。
自分たちがいても施設のマイナスにしかならない、という言葉が彦一らに重くのしかかる。
その日の夜、りこはひとりでタバコを吸っていた彦一に、何を考えているのかと尋ねる。
しかし、彦一が答えないでいると、晶のことではないのか、と苛立ち、怒りをぶつける。
そして、自分はいつまで待てばいいんだ、極道ならどちらかに決めろ、と捨てゼリフを残して部屋を出る。
その数時間後、「タイヨウ」施設内に非常ベルが鳴り響く。
それを聞いた彦一、りこ、鷹山三樹矢(薮宏太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)が駆けつけると、廊下に煙が立ち込めていた。
そのなかを、深夜当番の晴菜と五郎が利用者を外へと誘導していた。
そこに彦一らも加わり、すべての利用者を無事外へ出すことができた。
ところがそのなかに晶がいないことに晴菜が気づく。
彦一は、施設内に駆け込み、廊下にいる晶を見つける。
晶は、涼太に残すために撮りためているビデオテープを取りに戻っていたのだ。
火の海と化した部屋に入っていこうとする晶を引きとめた彦一は、残したいものがあるなら面と向かって言え、子どもにとってはあんたはこれからもあんただろう、と一喝。
晶を抱え外へ出ていく。
施設の外には早朝にもかかわらず、マスコミや野次馬が集まり、野次馬が「ヤクザがいる施設なんかつぶしてしまえ」などと罵声をあげる。
すると、晴菜が人垣の前に進み出て、この人たちは利用者を支えているヘルパーだ、と反論。
しかし、それでも収まらない罵声に業を煮やした彦一が、「極道なめんじゃねぇ!」と一喝。
そして、自分たちはすぐにここから出ていくから騒ぐな、と声を荒げる。
するとそこへ、一台の車が着き、なかからひとりの男性が降り立つ。
県庁保健指導課の職員だという男は、園崎に「タイヨウ」に認可の取り消しと業務停止命令が出た、と告げる。
それを聞いた彦一は、男を睨みつけ…。

『新・警視庁捜査一課9係』第10話

2009/09/10(Thu) 00:42
出演者:渡瀬恒彦井ノ原快彦V6)・羽田美智子津田寛治吹越満田口浩正中越典子遠藤久美子浅見れいな畑野ひろ子原沙知絵

主題歌:V6GUILTY

ドキドキ第10話ドキドキ

人気アパレルブランド社長兼チーフデザイナーの本多数馬が会社のアトリエで刺殺された。
第一発見者でパタンナーの保子によると、事件当夜、本多はコレクションの準備をしていたという。
現場には、社長・本多の盗作と思われるデザイン画と、制作途中の服が残されていた。
倫太郎(渡瀬恒彦)は、現場から裁ちばさみがなくなっているのを発見。
監察医の真澄(原沙知絵)によると、凶器はその裁ちばさみの可能性が高いという。
更に、傷口から体毛らしきものが発見された。
専属モデルの明日香の証言から殺害現場に残されていた制作途中の服は、新人モデルのマユが着ると分かった。
直樹(井ノ原快彦)は、違う人間によって描かれた同じデザイン画をアトリエで見つけ不審に思う。
殺害状況から犯人は、顔見知りの可能性があり、本多が会社を受け取りとする5億円の保険に加入していたことも判明した。
専務の村上から事情を聞くと、本多の才能に会社の全てがかかっていただけに「5億円の生命保険など当たり前だ」と言い切る。
青柳(吹越満)は、本多の所持品の中に村上の背任ともいえる帳簿を発見する。
背任の事実を闇に葬る為に専務・村上が社長・本多を殺害したのか?
犬猿の仲の村瀬(津田寛治)と青柳は、みごとなコンビネーションで村上を追い詰めていく。
一方、直樹が見つけたデザイン画を描いたのは、意外な人物であることがわかる。

『恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜』最終話

2009/09/09(Wed) 01:14
出演者:中山優馬中山優馬 w/B.I.Shadow )・近藤真彦堀内敬子森本慎太郎ジャニーズJr.)・伊東四朗加藤ローサ姜暢雄高橋ひとみ桜庭ななみ中島健人B.I.Shadow)・入江甚儀岡本玲太賀

主題歌:中山優馬 w/B.I.Shadow悪魔な恋

ドキドキ最終話ドキドキ

満月の夜は明日。
衰弱しきったルカ(中山優馬)に「私の血を吸って」と身を差し出そうとする真琴(加藤ローサ)。
ルカは暴れ出すヴァンパイアの本能と必死に戦いながら、真琴に牙を立てまいともがき苦しむが…。
その頃、藤井(姜暢雄)はあるものを目にし、驚愕する。
真琴のマンションに乗り込み、ルカの正体がわかったと言い放つ藤井。
一方、「しんじょう」の周辺でもルカの不審な姿を見たという者が続出。
さらに学校でもルカの正体に疑惑を持ち始めた生徒たちが真琴を糾弾し始める。
ルカと真琴は窮地に追い込まれる中、ルカはある決断をする。
満月は今夜に迫っていた――。

『華麗なるスパイ』第7話

2009/09/06(Sun) 01:59
出演者:長瀬智也TOKIO)・深田恭子世界のナベアツジャリズム)・藤原一裕ライセンス)・友近KIKI寺島進渡哲也高田純次伊藤かずえ柄本明金児憲史明樂哲典TERU候偉黄実岸田恵里子三原勇希Shihomi菅由彩子染谷夏子大矢真夕宮下裕治柳憂怜萩原紀みずと良横山あきお川口節子鈴江菜々(日本テレビアナウンサー)

主題歌:TOKIO太陽と砂漠のバラ

ドキドキ第7話ドキドキ

三九(杏)が帰ってこないことと、京介(長瀬智也)が出て行ったことを不審に思った平原源一(高田純次)と泉(伊藤かずえ)は霧山(寺島進)に事情を聞くため、秘密諜報部を訪れる。
源一と泉は霧山から三九がテロリストに連れ去られたかもしれないと聞く。
霧山は三九を救い出すことを二人に約束し、ミスター匠(柄本明)のアジトを探し始める。
霧山は京介を呼び戻すため、あるミッションを開始する。
そのかいあって、京介は定食屋に戻り、源一と泉に連れられて再び秘密諜報部にやって来る。
一方、ミスター匠のアジトでは、三九の前にミスター匠が現れ、京介がきっと来ると言う。
そのことからミスター匠のねらいが京介を誘き出すことであることに気づく三九。
三九の捜索に協力を求め、ミスター匠との過去を聞きだすべく、京介とドロシー(深田恭子)は吉澤総理(渡哲也)のもとを訪れる。
そこで京介はある決意を語り始め…、吉澤総理はミスター匠との過去を明かす…

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第5話

2009/09/06(Sun) 00:44
出演者:香取慎吾SMAP)・香里奈速水もこみちなぎら健壱つまみ枝豆福井博章畠山紫音高橋晃吉田翔柴田理恵ラサール石井伊武雅刀稲垣吾郎SMAP)・大和田伸也泉ピン子

主題歌:両さん香取慎吾)「こちら葛飾区亀有公園前派出所

原作:秋本治こちら葛飾区亀有公園前派出所

ドキドキ第5話ドキドキ

ある日突然、麗子 (香里奈) の婚約者だと名乗る男・白鳥麗次 (稲垣吾郎) が派出所に現れる。
白鳥鉄工所の御曹司だという白鳥は麗子の父・飛飛丸 (大和田伸也) から指名を受けて見合いをすることになったというが、この時、麗子は見合いのことなど何も聞かされていなかった。
一人前の警察官になるまで結婚するつもりはなかったという麗子は、父親が勝手に決めた見合いの話しに戸惑う。
一方、用意していた指輪を麗子に受け取ってもらえなかった白鳥もショックを隠しきれない様子。
そんな白鳥は 両津 (香取慎吾) に麗子との結婚ためなら全財産投げ打ってもいいと言い出す。
儲け話しに目がない両津はすぐさまその話しに飛びつき、自らを恋愛のカリスマだと名乗って、麗子を落とす方法を教えてやるというが、そこには何やら金のニオイが…。
その後、中川 (速水もこみち) の捜査により、麗子が江戸っ子好き?だということを知った両津は白鳥を一人前の江戸っ子に仕立てようと、いつものハチャメチャな行動に出る。
なんとか見合いを成功させようとする両津。
しかし、強烈に見合いを勧める両津に、麗子はどこか寂しい表情を見せる。
そして迎えた見合いの当日、何かに気付いた両津は、派出所を飛び出し麗子がいるお見合い会場へ駆けつけるのだが…

『任侠ヘルパー』第9話

2009/09/04(Fri) 07:55
出演者:草剛SMAP)・黒木メイサ山本裕典薮宏太Hey! Say! JUMP)・五十嵐隼士仲里依紗夕輝壽太加藤清史郎中別府葵安田美沙子橘ユキコ山田親太朗高木万平高木心平甲斐まり恵三浦まゆ向井理松平健宇梶剛士大杉漣夏川結衣

主題歌:SMAPそっと きゅっと

ドキドキ第9話ドキドキ

翼彦一(草剛)は、車椅子の鷲津莞爾(竜雷太)めがけてナイフを構え飛び込んできた四方木りこ(黒木メイサ)の腕を素早く掴んだ。
りこは、自分の組を襲撃した鷲津組への報復だといきり立つが、彦一は鷲津は関わっていない、となだめる。
しかし、収まらないりこは、再び鷲津に襲い掛かる。
するとそこへ、和泉零次(山本裕典)が駆け込んできて、りこの腕を蹴り上げる。
彦一は鷲津を零次に託し走り去ったりこを追うが、見失ってしまう。
そんなとき、羽鳥涼太(加藤清史郎)から電話がかかる。
涼太は焦った様子で羽鳥晶(夏川結衣)が帰ってこないと告げ、一緒に晶を探してほしいと頼む。
涼太のもとに駆けつけた彦一は、弱気になる涼太を励ましながら晶を探し、老人ホーム「ハートフルバード」にいる晶を見つける。
「タイヨウ」に戻った彦一は、鷲津の部屋を訪ねる。
彦一とりこの正体を知った鷲津は、隠し持っていたドスを彦一に託し、自分の首を取れと言う。
老いぼれて死ぬよりも極道らしく死にたいという鷲津に、彦一はドスの刃を喉元に近づけると、「みっともねぇこと言ってんじゃねぇ」と一喝、部屋を出ていく。
そんな彦一を廊下で待っていたのは、またしても零次だった。
零次は、彦一、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)を集めると、自分は鷹山源助(松平健)から依頼された“研修”の監視役だと明かす。
零次は、鷲津が「タイヨウ」に入れられたのは、彦一らに狙わせるためで、その抗争のきっかけとして、四方木連合を襲撃したのだろうと説明。
それを仕組んだのは、鷲津組のなかでも“武闘派”で鳴らす尾国辰也(鈴木一真)だと言う。
それを聞いた三樹矢は、電話にもメールにも反応がないりこが心配になり、部屋を飛び出していく。
そんな折、「タイヨウ」の入居者で、病院に入院中の山浦夏夫(峯のぼる)の息子・渉(梶原善)がきて、夏夫の看取り介護を依頼する。
園崎康弘(大杉漣)は、看取り介護とは、医療的な延命措置を行わず、ただ最期のときが来るまで世話をするものであると説明。
納得した渉は、書類にサインをする。
やがて、病院から戻ってきた夏夫は、再び鷲津と同じ部屋に入る。
美空晴菜(仲里依紗)は、家族に報告するためだといって、夏夫の様子を日記に綴り始める。
彦一は、晶の失踪事件があってから元気がない涼太を心配していた。
涼太はそんな彦一に、自分と晶とともに遊園地に行こうと誘う。
同じ頃、りこの行方を探し回っていた三樹矢は、家族の墓の前でひとり立っているりこを見つける。
三樹矢は、身内がやられた以上、黙ってはいられないと報復を誓うりこに、自分も同行すると宣言する。
一方、「タイヨウ」では、彦一と涼太をはじめ、スタッフや利用者らもテレビで生中継されている晶の社長辞任会見を見守っていた。
そんな最中、夏夫の容態が悪化した、と晴菜が駆け込んでくる。
園崎、彦一らが、夏夫の部屋に集まり、危篤に陥った夏夫を見守る。
そして、まもなく夏夫は息を引き取る。
ヘルパーや利用者たちは側にいたが、家族は連絡が取れないため最期を看取ることができなかった。
鷲津は、夏夫がそれをどう思ったのだろうか、とつぶやく。
その後、彦一が夏夫の死後清拭をしていると六車が来て、りこと三樹矢が尾国に捕まったと告げる。
彦一、五郎、六車、二本橋はふたりを救出すべく、施設を出ようとする。
そこへ零次が現れて、鷹山からの命令だから動くな、と4人を制する。
しかし、彦一は仲間をやられて動かない極道はいない、と言い零次を振り切って出ていく。
その頃、りこと三樹矢は体を縛られて、尾国の組が使っている倉庫にいた。
そして、りこが尾国に乱暴されそうになったとき、極道スーツに身を包んだ彦一らが現れる。
襲い掛かってくる組の者たちと大乱闘となるが、彦一らは豪腕で制圧。
りこと三樹矢も無事救出された。
そこへ、鷲津組の車が続々と到着する。
応援の到着に気を大きくした尾国は、彦一らを襲うように指示するが、組員たちは動かない。
それどころか、車から降りた零次に腕を掴まれてしまう。
やってきたのは、尾国の暴走を阻止するために“手打ち”をした鷹山と鷲津とそれぞれの組の者だった。
鷲津に一喝された尾国は、鷲津組の者に連行される。
「タイヨウ」に戻った彦一らは、鷹山の指示でそのまま“研修”を続けることになった。
後日、彦一は涼太と晶がいる遊園地に現れる。
晶に、通りかかっただけだ、と説明した彦一は、アトラクションを楽しむふたりを見守っていた。
そんななか、トイレから出てきた晶の様子がおかしいことに気づいた彦一は、晶の側へ歩み寄る。
そこへ、別方向から3人分の飲み物を持った涼太がやってくる。
満面の笑みで「ママ」と晶を呼ぶ涼太。
そんな涼太をしげしげと見た晶は、「迷子? お母さんは?」と声をかける。
突然のことにショックを受けた涼太は、持っていたジュースを落としてしまう。
彦一も立ち尽くし……。

『新・警視庁捜査一課9係』第9話

2009/09/03(Thu) 00:47
出演者:渡瀬恒彦井ノ原快彦V6)・羽田美智子津田寛治吹越満田口浩正中越典子遠藤久美子浅見れいな畑野ひろ子原沙知絵

主題歌:V6GUILTY

ドキドキ第9話ドキドキ

結婚を間近に控えた人気お天気キャスター・亜希子の遺体が自宅マンションの屋上で発見された。
第一発見者の管理人・森川によると、停電のため屋上へやってきたときに遺体を発見したという。
どうやら停電は昨夜の落雷が原因らしいが、すると亜希子は落雷が原因で命を落としたのか…。
亜希子の自宅を調べた倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、床一面に散らばった塩と動物の毛のようなものを発見するが、事件との関係は?
屋上にあった鯉のぼり用のポールがつい最近立てられていたことがわかった。
そして、亜希子の死因が感電死であることも判明。
何者かが落雷の確立を高める為に立て、屋上に亜希子を呼び出したのか? 
一方、亜希子の結婚式を村瀬(津田寛治)の婚約者・つかさ(浅見れいな)がコーディネイトしていることがわかった。
そのつかさによると、亜希子は妊娠3カ月だったが、婚約者の建築家・黒田から堕ろすように言われていたという。
取り調べに応じた黒田だが、犯行を全面的に否認。
さらに黒田は亜希子が妊娠した子供が他人の子ではないかと疑っていた。
その理由とは?
亜希子の死は事故死なのか?
それとも…。

『恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜』第9話

2009/09/02(Wed) 01:44
出演者:中山優馬中山優馬 w/B.I.Shadow )・近藤真彦堀内敬子森本慎太郎ジャニーズJr.)・伊東四朗加藤ローサ姜暢雄高橋ひとみ桜庭ななみ中島健人B.I.Shadow)・入江甚儀岡本玲太賀

主題歌:中山優馬 w/B.I.Shadow悪魔な恋

ドキドキ第9話ドキドキ

ルカ(中山優馬)にヴァンパイアであることを告白された真琴(加藤ローサ)は、信じることができずぼう然。
しかし、不可解なことばかりだったルカの行動から、それが事実だと受け止める。
ビルの屋上でひとり物思いに沈んでいたルカに、意を決して近づく真琴。
しかし、人間の生き血を吸うヴァンパイアを恐れる気持ちを拭い去ることができない。
「やっぱり血を吸うの?」と問う真琴に、ルカは「俺は血を吸わない」と決意を込めて答える。
翌日、学校の廊下でふとめまいを覚えたルカは、突然うめき声をあげて走り出す。
そして気がついたとき、自らの腕に牙を立てようとしていた自分に驚くが、その間の記憶がまったくない。
さらに夜、再びルカをめまいが襲う。
将太(森本慎太郎)を強引に押し倒し、血を吸おうとしたところで敦子(堀内敬子)に声をかけられて我に返るが、やはり何も覚えていない。
めまいとともに意識が飛び、身に覚えのない行動に走る自分が恐ろしくなったルカは、カイト(近藤真彦)に「自分が自分じゃなくなるときがある」と不安を訴える。
カイトは、タイムリミットの満月の夜に近づいたルカの体が血を求め、意志に逆らって暴走を始めていると告げる。
その頃、真琴は藤井(姜暢雄)を呼び出し、婚約を解消したいと申し出ていた。
ルカのせいなのかと問う藤井に「彼は悪くない。ただ見守りたいんです」と頭を下げるばかりの真琴…。
一方、ルカは知らないうちに愛する人を襲ってしまう恐怖におびえ、真琴のもとを去る決意を。
宏人(中島健人)と香織(桜庭ななみ)に別れを告げて学校を後にし、塵となって消える時をひとり待とうとする。
そんなルカにカイトは、10年前に海で溺れたルカの命を蘇らせたのは自分だと告白。
「お前に永遠を味わわせてやりたい」と血を吸うよう懇願するが、ルカの決心は固い。
「しんじょう」でこれまで一切口にしなかった餃子を食べ、二朗(伊東四朗)らを喜ばせると、そのまま新條家からも姿を消す。
そして夜、最後にひと目だけ姿を見ようと真琴のマンションの前にやってきたルカの体を、またもや恐れていた衝動が支配。
血に飢えたヴァンパイアと化し、真琴に猛然と襲いかかる!
必死に抵抗する真琴の悲鳴を聞き、正気を取り戻したルカはがく然。
「どうして俺はヴァンパイアになんかなったんだ」と運命を呪いながら号泣する。
明くる日、真琴の前にカイトが現れ、ルカが次の満月までに血を吸わなければ死を迎えること、その血は真琴のものでなくてはならないことを教える。
「つまり、あいつの命はお前次第」と告げられた真琴はぼう然自失。
ルカを助けたい気持ちと、血を吸われれば自分もヴァンパイアになってしまうという恐怖との狭間で、真琴の心は激しく揺れ動く。
そんな折、藤井から強引に車に乗せられた真琴は、教会に連れて行かれる。
藤井は逃げようとする真琴を「絶対に放さない」と力ずくで祭壇の前に連れて行き、結婚式を挙げようとする。
そのとき、突然起こった強い力に突き飛ばされ、藤井が気を失った。
真琴はルカの仕業だと直感し、姿を見せないルカを探して夜の街をさまよううち、学校にたどり着く。
やがて真琴は、音楽室で憔悴しきったルカを見つける。
「もう二度とあなたを失いたくない」とルカを抱きしめた真琴は「私の血を吸って」とついに身を差し出す…。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第4話

2009/08/30(Sun) 23:38
出演者:香取慎吾SMAP)・香里奈速水もこみちなぎら健壱つまみ枝豆福井博章畠山紫音高橋晃吉田翔柴田理恵ラサール石井伊武雅刀西田敏行片瀬那奈阿部力堀部圭亮

主題歌:両さん香取慎吾)「こちら葛飾区亀有公園前派出所

原作:秋本治こちら葛飾区亀有公園前派出所

ドキドキ第4話ドキドキ

ある日、亀有を地盤にしているヤクザ・御所ヶ原組の連中が公園に集まっているという通報が入る。
その組長・御所ヶ原 (西田敏行) は俳句をこよなく愛し、ことあるごとに妙な俳句を披露するお茶目な組長であったが、両津 (香取慎吾) とは会えばすぐにケンカの因縁の仲。
その通報に暴れたくてウズウズしていたという両津は、中川 (速水もこみち) を引き連れ急いで現場へ駆けつける。
その場は何とか話し合いで済んだものの、派出所へ戻った両津はどこか物足りない様子。
その時、その両津のもとへ組長の右腕・政 (堀部圭亮) がやってくる。
両津を男と見込んで話しがあるという政は、親がヤクザだから出席して欲しくないという理由で結婚式を挙げていない娘・夏子 (片瀬那奈) と、娘の幸せな姿を見たいと願う組長の間に入って、ふたりの仲を取り持って欲しいと頼む。
その話しに始めはまったく乗り気ではなかった両津であったが、結婚式の費用として1千万用意しているという組長の言葉に一転、“娘さんの結婚式は俺に任せろ” とすんなり引き受けてしまう。
しかし、1千万円もの大金を手にした両津が普通に結婚式を計画するはずもなく誰もが予想もしないとんでもないアイデアで大暴れする。
果たして組長は無事娘の晴れ姿を見ることができるのか !?

『オルトロスの犬』第6話

2009/08/29(Sat) 22:54
出演者:滝沢秀明タッキー&翼)・錦戸亮NEWS関ジャニ∞)・水川あさみ八乙女光Hey!Say!JUMP)・山本龍二原田夏希忍成修吾波瑠柴俊夫六角精児佐々木蔵之介高畑淳子

主題歌:滝沢秀明ヒカリひとつ

ドキドキ第6話ドキドキ

渚(水川あさみ)に警察庁警備企画課への異動辞令が出た。
沢村(佐々木蔵之介)の下で竜崎(滝沢秀明)の警備を担当することになったのだ。
竜崎を監視下に置こうとする沢村。
そんな時、竜崎が覆面の男に拉致される。
一瞬の隙を作ってしまった渚だったが、覆面の男に心当たりがあった…。
一方、碧井(錦戸亮)に息子・勝(八乙女光)を殺されたと知った熊切社長(柴俊夫)は、現役閣僚に不正献金をしていたと発表する。
会見を開き榊(高畑淳子)の名前をマスコミの前で出し、榊と沢村の裏切りに報復するつもりなのだ。
沢村の命を受けた碧井は会見場にやってくる。

『任侠ヘルパー』第8話

2009/08/28(Fri) 12:44
出演者:草剛SMAP)・黒木メイサ山本裕典薮宏太Hey! Say! JUMP)・五十嵐隼士仲里依紗夕輝壽太加藤清史郎中別府葵安田美沙子橘ユキコ山田親太朗高木万平高木心平甲斐まり恵三浦まゆ向井理松平健宇梶剛士大杉漣夏川結衣

主題歌:SMAPそっと きゅっと

ドキドキ第8話ドキドキ

翼彦一(草剛)は、隼會と敵対する鷲津組の組長・鷲津莞爾(竜雷太)が「タイヨウ」に入居してきたことに驚く。
事故で半身麻痺になったため介護を必要としているとはいえ、金ならいくらでもあるはずの鷲津が「タイヨウ」にやってきたことに、四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)らも疑いの目を向ける。
彦一は、鷲津の件を若頭・鷹山源助(松平健)に報告するが、鷲津らの企みは自分で調べるからお前らは“研修”に専念しろ、と一喝される。
彦一の電話を切った鷹山の側には、和泉零次(山本裕典)がおり、普段はリストバンドで隠しているその手首には「隼會」という刺青があった。
個室に空きがないため大部屋に入った鷲津は、脳梗塞の後遺症で言葉が出ない山浦夏夫(峯のぼる)と同室になったことに不満をもらす。
さらに、食事もほかの利用者と同じホールでとらされるなど、特別扱いをされないことにもストレスをためる。
そんな鷲津を見ていた二本橋らは、自分たちの正体がバレていないと思われることに安堵するが、彦一は、鷲津にひとりも組の人間が付いていないことをいぶかしがる。
そんな折、美空晴菜(仲里依紗)が花束を持って部屋にやってくる。
花は、なかなか見舞いに来られない夏夫の息子が毎週送ってくるというもので、それを見た夏夫はわずかに嬉しそうな表情をする。
鷲津は、そんな夏夫の家族の対応を「冷たい」と批判するが、自身にも見舞いが来ないことにいらだっていた。
そして、組の者に連絡を取るが電話はつながらない。
同じ頃、「ハートフルバード」本社で会議に出席していた羽鳥晶(夏川結衣)は、記憶に不鮮明な部分が増えるなか、反旗を翻す秘書・日野弥生(中別府葵)や重役(相島一之)の行動により窮地に陥っていた。
息子・涼太(加藤清史郎)は、そんな晶のために、日々の予定や記録を貼り紙にして家中に貼りはじめ、晶は、切ない気持ちでいっぱいになる。
そんな頃、彦一は施設から駆け出していくりこを目撃する。
4日前、りこが組長を務める四方木連合が襲撃されケガ人も出た、との情報を六車から聞かされたのだ。
彦一や五郎は、組が襲撃されているのにりこへ報告がないことに不信感を抱くが、二本橋は、女組長に反発している組員が少なくない現状からすると、それもありえるだろうと推測。
さらに、結束の弱い組は狙われやすく崩しやすい、という六車の言葉に、三樹矢はりこのことが心配になる。
その頃、部屋から窓の外を眺めていた鷲津は、外出から戻ってきた晴菜を目撃する。
その手には、夏夫に差し入れられる花束があった。
毎週送られてくるという花は、家族ではなく晴菜が購入しているものだったのだ。
それを知った鷲津は、ホールにやってくると、夏夫が頼んでもいないのに、すぐにバレるようなウソをついてお前たちは偽善者だ、と激怒して暴れまわる。
彦一らが止めても収まらず、ついには施設を出ていくと言う。
そこで彦一が、「帰る場所はあるのか?」と聞くと、鷲津は、自分はこの辺りを仕切っている鷲津組の組長だ、と宣言。
そして、服を脱ぎはじめる。
利用者たちが怖がりながらも鷲津を見つめるなか、背中一面に彫られた刺青があらわになる寸でのところで、彦一と零次が鷲津を部屋へと連れ戻す。
部屋に戻った鷲津は、彦一に正体がバレたんだからここにはいられないだろう、と言う。
が、彦一が答えないでいると、弱気な声で自分も夏夫と一緒で組の者から捨てられたんだ、帰る場所などない、とつぶやく。
さらに、金を払うから組の者を呼んできてくれ、と彦一に懇願するように言う。
そんなとき、夏夫のほうに来た彦一が、夏夫が息をしていないことに気づく。
同じ頃、りこは、刺傷した久米武雄(田中哲司)のマンションを訪ねていた。
久米から、今回の件が鷲津組によるものだと聞いたりこは、部屋にあったナイフを手にするとマンションを後にする。
一方、救急車で病院に搬送された夏夫のもとに、息子・渉(梶原善)が妻と娘とともに到着する。
一命は取り留めたものの、医師からは回復の見込みはなく、できるのは延命治療だけだと告げられる。
渉は、夏夫には一日でも長く生きてもらいたいから、と言って延命治療を希望し、医師もそれを了承する。
すると、渉は仕事があるから会社に戻ると言い出す。
それを聞いた鷲津が、今度はいつ来られるんだ、と尋ねると、渉は答えに窮してしまう。
そして、仕事の都合があるから、と迷惑そうに答える渉に鷲津が激昂。
「なんのために延命なんかするんだ!」と食ってかかる。
自分の非を認めつつも、それでも延命治療を希望する渉に納得できない鷲津は、家族がいるうちに死なせてやる、と言って夏夫の呼吸器を抜こうする。
それを阻止した彦一は、夏夫の生死は家族が決めることだと一喝。
それでも、「何が家族だ! 捨てられた人間はどうなる」と怒りが収まらない鷲津に、鷲津を捨てたのはこの家族ではないだろう、と声を荒げる。
それ以上、反撃できない鷲津に彦一は、帰るぞ、と声をかけ車椅子を押して病室を後にする。
そこへ病室から出てきた渉が彦一に礼を言う。
延命できることを父も喜んでいると思います、という渉に彦一は、どうして喜んでいるとわかるんだ、と冷たく言う。
その言葉に驚く渉に彦一は、自分がそう思いたいだけだろう、自分の都合で人の寿命を決めてるんじゃねえ、と言い捨てる。
その頃、自宅で晶の帰宅を待っている涼太は、約束の時間になっても戻らない晶を心配していた。
施設に戻る前に外の風に当たりたい、という鷲津のため彦一はエレベーターで階下へおりようとしていた。
乗り込んだエレベーターが閉まろうとしたとき、向かいのエレベーターが開き、りこが降りてくる。
鷲津を認めたりこは、彦一らが乗るエレベーターに来ると扉に手をかける。
そして、持っていたナイフを取り出した。
そんなりこに彦一は…。

『新・警視庁捜査一課9係』第8話

2009/08/27(Thu) 10:39
出演者:渡瀬恒彦井ノ原快彦V6)・羽田美智子津田寛治吹越満田口浩正中越典子遠藤久美子浅見れいな畑野ひろ子原沙知絵

主題歌:V6GUILTY

ドキドキ第8話ドキドキ


「今まで本当にありがとうございました」。
突然の妙子(遠藤久美子)の言葉にショックを受ける青柳(吹越満)。
妙子からの別れの言葉に違いない…。
宿直で一人部屋に取り残される青柳にいつもの元気はまったく見られず…。
翌朝、大手レコード会社社長・西(団時朗)の遺体がホテルの一室から発見された。
所持品の中から妙子のプロフィールが発見される。
妙子は歌手だから西が資料を持っているのは当たり前だと懸命に強がる青柳だが、事件の直前、西は妙子によく似た女性と口論していたという目撃情報が入ってきた。
あわてて自宅へ戻った青柳は何かに脅える妙子にそれとなく質問を。
しかし、西が殺害されたという事実を知ると、泣きそうな目で青柳を見ながら「ごめんなさい」と謝っている。
一体何があったというのか?
凶器の灰皿から妙子の指紋が検出され、妙子は任意同行で警視庁へ。
志保(羽田美智子)らの取調べに妙子は、西からメジャーデビューの話をもちかけられ現場のホテルで会う約束をしていたという。
しかし、西は強引に妙子の体を要求、必死に逃げようと妙子は、灰皿で西の頭を殴ってしまったらしい。
監察医の真澄(原沙知絵)によると、死因は頭蓋内出血、6回も殴打された痕があったという。
6回も…!?
思わず声を失う志保だが、妙子に殺意があったとは思えない。
懸命に庇ってはみたものの…。
西のレコード会社を訪ねた倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、同社の副社長から西の殺害に関して意外な証言を得た。
さらにSHORT LEG SUMMERというバンドのメンバーが西殺害の責任を感じていることがわかった。
専属作曲家の千鶴(西牟田恵)とバンドのメンバーに話を聞くと、西はその強引なやり口のため各方面からかなり恨まれていることがわかる。
一方、妙子を取り調べる青柳は、夜、西に誘われるままホテルの部屋に行くこと自体が不埒だと非難する。
メジャーデビューしたかったのか、それは自分との生活から脱け出したかったからか?
一方的に投げかける言葉に黙り込むしかない妙子。
矢沢(田口浩正)は、そんな青柳を腕ずくで止め、妙子を守れと説得するのだが…。
6回も殴打された西、この状態で妙子の正当防衛は、難しそうだが、西を解剖した真澄から新たな状況が報告された。
それは…。

『恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜』第8話

2009/08/26(Wed) 23:26
出演者:中山優馬中山優馬 w/B.I.Shadow )・近藤真彦堀内敬子森本慎太郎ジャニーズJr.)・伊東四朗加藤ローサ姜暢雄高橋ひとみ桜庭ななみ中島健人B.I.Shadow)・入江甚儀岡本玲太賀

主題歌:中山優馬 w/B.I.Shadow悪魔な恋

ドキドキ第8話ドキドキ

ルカ(中山優馬)の姿が写真に写っていないことに不審を覚えた真琴(加藤ローサ)は、10年前の歩の姿のまま現れた理由を確かめようと、ルカを問いただす。
一方、2人のデートを見た香織(桜庭ななみ)はルカとの仲を疑って真琴に詰め寄り、「先生は不潔」と涙ながらに責め立てる。
その頃、女子高生ばかりを狙った傷害事件が光陽学院周辺で相次いでいた。
そんなある夜、ルカは路上で女子高生に襲いかかる男に出くわす。
ヴァンパイアだと気づいたルカは女子高生を助けようとするが、男ににらみつけられた瞬間、激しい衝撃を受けて意識を失う。
翌朝、小早川と名乗る男(横山裕)が学校に現れた。
訝しがる副理事長の藤井(姜暢雄)を瞬時に惑わし、突然教師として高校にのり込んできた小早川は、さっそく真琴のクラスで授業を開始。
しかし一方、その日以来、生徒たちの様子に異変が起こり、真面目な香織までもがミニスカートと化粧で身を飾り始め、真琴の注意にもまったく耳を貸さない。
一方、ルカは深手を負った体を引きずってカイト(近藤真彦)のもとにたどり着き、そのまま眠り続けていた。
ルカの様子にすべてを悟ったカイトは学校に向かい、ルカの餌場から去れと小早川に迫る。
「あの坊やにはずいぶんと甘いんですね」とからかった小早川は、ルカを潰してみせると挑発する。
男子生徒や教師たちも魂を抜かれたように生気を失っていくなか、宏人(中島健人)と直樹(入江甚儀)は、真琴をこっそり呼び出し、小早川はヴァンパイアに違いないと告げる。
学校を守るため小早川と戦うと胸を張る2人。
その夜、宏人と直樹は演劇部室にニンニクや聖書などを仕掛け、小早川をおびき寄せようとする。
ところが、逆に小早川に捕らえられ、ルカが思いを寄せる女は真琴だと漏らしてしまう。
そして2人の様子を見に来た真琴が教室をのぞくと、そこには小早川に集められたクラスの生徒全員がうつろな表情で座っていた!
生徒たちを惑わし、真琴を追いつめた小早川が、まさに真琴の血を吸おうとしたそのとき、ルカが現れる。
弱り切ったルカを易々と捕まえた小早川は「お前が人間を愛したところで結ばれることなどない。俺たちはバケモノなんだ」とあざ笑う。
怒りに燃えたルカは力を振り絞り、小早川に致命的なダメージを与える。
「今に必ず後悔するときがくる」と捨てゼリフを残して消える小早川。
信じられない光景に「夢だよね?」と我が目を疑う真琴に、ルカは「俺は人間じゃない。ヴァンパイアだ」と告白して…。

『華麗なるスパイ』第6話

2009/08/23(Sun) 07:40
出演者:長瀬智也TOKIO)・深田恭子世界のナベアツジャリズム)・藤原一裕ライセンス)・友近平手舞KIKI寺島進渡哲也高田純次伊藤かずえ柄本明峯村リエ井之脇海TERU浜田道彦恵有一佐藤仙學岸田恵里子三原勇希向山志穂Shihomi菅由彩子葛西幸菜染谷夏子丸尾みゆき土師野隆之介栗原みいか純名里沙品川徹エスパー伊東古川慎宮沢大地王健軍川口節子

主題歌:TOKIO太陽と砂漠のバラ

ドキドキ第6話ドキドキ

秘密諜報部に中国の情報局からナオミ・リー(純名里沙)という女性のエージェントがやってきた。
中国で起きたテロの実行犯が日本に潜伏しているらしい。
京介(長瀬智也)とドロシー(深田恭子)はナオミとともに、修道女と神父に扮装して、テロリストが潜伏していると言われる教会に潜入する。
3人は聞き込みをするが、手がかりはつかめない。
そんな中、京介は潜入した教会で、子供のころに面倒を見てくれた宇野神父(品川徹)に再会する。
ナオミにせがまれて京介は秘密諜報部の内部を案内し、次第に打ち解けた二人は一緒に京介の住む定食屋に向かう。
源一(高田純次)や泉(伊藤かずえ)に歓待され、喜ぶナオミ。
京介と二人きりになったときにナオミは中国に置いてきた子供の話をする。
その子に自分の過去を、ナオミに母を重ね合わせる京介…
一方、秘密諜報部では、テロリストが見つからないことからナオミの真意を探ろうと霧山(寺島進)が動き…
リンク
検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.