ドラマの動画が無料で観れます!

最近のエントリー
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』第4話

2009/11/13(Fri) 04:26
出演者:向井理南明奈六角精児吉田羊

主題歌:NICO Touches the Wallsかけら〜総べての想いたちへ〜

原作:北尾トロ裁判長!ここは懲役4年でどうすか

ドキドキ第4話ドキドキ

傍聴にハマったフリーターの北森夫は今回、412号法廷での「覚せい剤取締法違反」の裁判を傍聴する。
が、傍聴席に入ったとたんにびっくり!
周りは全員、暴力団関係のコワモテ軍団で埋め尽くされていたのだ。
そして被告人に「懲役15年」の判決が出たとたん、男たちは「組長!お勤めがんばってください!」と叫んだ。
傍聴マニアの山野によると、組長が裁かれるときには組員が見届けに行くのだという。
その迫力にすっかりビビッてしまった北は「もう覚せい剤裁判はこりごり」と言う。
が、北はロックバンド「ポチョム菌」のボーカル・エイゼンシュタインが被告人の覚せい剤裁判あると知り、一転して興味津々になり傍聴に向かう。
北は「ポチョム菌」の大ファンだったのだ。
傍聴席にはバンドのギター・ショスタコの姿もあった。
「サインもらえないかな」と興奮する北は、美和にうっとうしがられる。
しかし北は裁判官が「エイゼンシュタイン、本名・田中五郎」と言うのを聞いて「そんなに普通の名前だったのか…」とガックリ。
しかも田中はスーパーで柿を万引きして取り押さえられ、その際に覚せい剤が見つかったという。
ロックスターのあまりにもダサい事件にあ然とする北。
さらに北はバンド仲間で親友あるはずのショスタコが「田中は詩を書いていたというのは嘘」「田中は田舎モノでキレると方言が出る」などと証言したことにショックを受ける。
自分がいざというとき、助けてくれる友人はいるのだろうか?
田中も寂しかったんじゃないだろうか――?と考え、落ち込む北。
数日後、北は再び田中の裁判を傍聴に行く。
田中は反省の色を見せず、弁護側の情状証人も拒否するなど、弁護士もなすすべがない。
が、田中は美人検察官の星川にある事実を突きつけられる。
そのとき、傍聴席からある男が立ち上がった!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』第3話

2009/11/06(Fri) 04:47
出演者:向井理南明奈六角精児吉田羊

主題歌:NICO Touches the Wallsかけら〜総べての想いたちへ〜

原作:北尾トロ裁判長!ここは懲役4年でどうすか

ドキドキ第3話ドキドキ

傍聴にハマったフリーターの北森夫は今回、615法廷での「ストーカー規制法違反」の裁判を傍聴する。
事件はキャバクラ嬢・桃花が、客の田浦をストーカー行為で訴えたもの。
20代の若い娘に熱を上げ、接客行為を恋愛と勘違いした哀れな30男の犯罪か……と思いきや、田浦は「彼女とは付き合っていた。僕はストーカーではない」と起訴状を全面否認。
検察と弁護人の主張がまるで食い違う初の否認事件に、北は興奮を隠せない。
弁護人は田浦が「桃花のプライベートな携帯番号を知っていたこと」「お互いの家を行き来する仲だったこと」「田浦の両親に桃花が会っていること」を交際の根拠として挙げる。
なるほど確かに2人は付き合っていたのかもしれない――。
無罪判決もありえるかも?と意気込む北を、傍聴仲間の美人女子大生・美和は「無罪なんて刑事事件の1%もない」とバッサリ切り捨てる。
そんなとき北と傍聴マニアの山野は美和がダンディな紳士と会っている場面を目撃し、こっそり後をつけてしまう。
ホテル街で美和たちを見失い、落胆する北と山野。
そして北は「これってストーカー行為か?」と考えてしまうのだった。
そして桃花の証言の日。
一緒に傍聴する美和を、北と山野は思わず疑惑の目で見つめてしまう。
やがて証言台に立った桃花は「田浦を客としてしか見ていなかった」とその根拠を挙げていく。
やはり田浦の勘違いだったのか?
北の心は揺れ動いていた。
しかしここで弁護人が驚くべき指摘をする。
桃花は田浦と1度だけ性交渉を持っており、しかも桃花は処女だったというのだ――!
単なるなりゆきや営業行為でできるものか?
再び北の心は揺れ始める。
その後の弁護人質問で、次第に2人の関係が明らかになっていった。
田舎から上京したばかりの桃花を田浦が初めて指名したこと。
2人が店外デートを重ねて親しくなったこと。
田浦のおかげで桃花が店のNO.1になれたこと。
が、桃花が売れっ子になったことを田浦は喜ばなかった。
これは次第に自信をつけて変化していく女と、変化を望まなかった男のすれ違いが生んだ事件だった。
桃花の口からすべての理由を聞いた田浦は号泣し、自分がストーカーをしていたことを認める。
傍聴後、ストーカーと純愛の境界の難しさを改めて実感する北。
しかしそんな思いを持ちつつ、北は山野とともに再び美和を尾行してしまうのだった――。

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』第2話

2009/10/30(Fri) 04:22
出演者:向井理南明奈六角精児吉田羊

主題歌:NICO Touches the Wallsかけら〜総べての想いたちへ〜

原作:北尾トロ裁判長!ここは懲役4年でどうすか

ドキドキ第2話ドキドキ

フリーターの北森夫は “傍聴マニア”の山野、検事を目指す法学部の学生・美和に出会い、裁判の傍聴にハマった。
この日、北は山野のアドバイスで女性が被告である刑事裁判を集中的に傍聴することに。
女性の刑事裁判は全体の1割しか行われず、被告が美人の場合もあるという。
北と山野は期待に胸を膨らませつつ、まずは406号法廷「窃盗」の裁判を傍聴する。
被告の名は松田誠子=マツダセイコ。
だが名前のイメージとは違って不細工な被告にがっかり。
次は317号法廷の進藤カレン。
が、残念ながらメタボなおばさんだった…。
望みは522号法廷の被告・姫野由紀。
名前の美しさに期待をかける2人だが、被告はなんとおじさん!
名前は由紀(よしのり)と読ませるのだった。
「ふりがなふっとけよ!紛らわしい」と怒る2人。
開廷表に被告が男か女かは書いていないのだ――。
残るは714号法廷の被告・山田恵。
驚いたことに、この法廷には男性ばかりの人だかりが出来ていた。
そして山野はこの裁判が、半年前にマスコミを賑わせた「淫乱女教師の特別レッスン」事件だったと思い出す。
美人教師・恵が男子生徒にセックスを教えたというのだ。
入廷した被告・恵はセクシーでスタイル抜群の美女!
歓喜する北と山野の前で、恵の「東京都青少年健全育成条例違反」の裁判が始まった。
月明かりが照らす夜の教室で男子生徒と向き合い、生徒のズボンをするりと脱がしていく恵――検察官の質問から導き出される事件当日の回想に、北と山野は大興奮。
証言席に立った恵は、始めは生徒の告白に答えようとしたこと、その後47人もの生徒と性交渉を繰り返したと答える。
さらに検察官は追い討ちをかけるように「一度に何人もの生徒とセックスをしたことがあるか?」と質問。
傍聴席は固唾を飲んで見守る。
しかし裁判官は「もう十分」と冷静にストップをかけた。
がっかりする北に美和は、感情を抑え事実と向き合わねば判決は下せないと教える。
北は裁判官のように冷静になって傍聴してみようと考え始めた。
次は715法廷の「恐喝」。
被告は30代の三崎カオリ。
事件はカオリが4年前に別れるまで、8年間不倫関係にあった上司を「関係をばらす」と恐喝し、350万円を要求したというものだ。
被害者である不倫相手本人も登場し、裁判はがぜんおもしろくなってきた。
しかし弁護人はよれよれのスーツを着た72歳のおじいちゃんだ。
いかにも頼りなさそうな弁護人に不安を覚える北だが、この弁護人が思わぬ活躍を見せる。
なぜカオリは元不倫相手を脅したのか?
なぜ350万円なのか?
そこには意外な事実があった――

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』

『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』第1話

2009/10/23(Fri) 22:57
出演者:向井理南明奈六角精児吉田羊

主題歌:NICO Touches the Wallsかけら〜総べての想いたちへ〜

原作:北尾トロ裁判長!ここは懲役4年でどうすか

ドキドキ第1話ドキドキ

全国初の裁判員制度が始まったその朝。
フリーターの北森夫は東京地方裁判所(地裁)で傍聴券を求める列に並ぶバイトをしていた。
北に声をかけてきたのが、趣味で裁判の傍聴をしている“傍聴マニア”の山野。
「裁判ほど面白いものはない」という山野は、北を傍聴に誘う。
一度は断った北だが、偶然にミニスカートの可愛らしい女性・美和を見かけ、その後を追って裁判所の中へ。
待ち受けていた山野は北に、その日行なわれる裁判が書かれた「開廷表」の見方と傍聴のノウハウを教える。
傍聴はすべてタダ。
人気のある裁判以外は傍聴券など必要なく、法廷の扉を開ければ裁判はすぐに見られる――そして北は初めての傍聴を体験すべく、408号法廷の扉を開いた。
408号法廷では交通事故の裁判が行なわれていた。
被告人は車で被害者を撥ね、死亡させた白石(24)。
事故が起きたのは早朝。
眠たげな目で車を走らせていた白石は100キロを出して交差点を通過、突然飛び出してきたバイクをよけきれずに被害者を撥ねた。
しかし白石側の信号は黄色。
つまり被害者の信号無視だった。
北は「俺も早朝ならスピードを出してしまうかもしれない」と白石に同情するが、立ち上がった白石を見てあ然とする。
彼が着ていたのはドクロマークのトレーナーだったのだ!
人を死なせて誠意を見せないといけない時に、そりゃないだろ!と心の中で叫ぶ。
北は一転して「息子に謝って」と訴える被害者の母・和代の味方になる。
しかし審理後、北は法廷の外で白石が和代に深々と頭を下げ、誠意を持って謝る姿を見て混乱する。
「白石は不器用なだけかもしれない」――人間の業や裏側が見え隠れする裁判の傍聴に、北はすっかりハマる。
そんな北と山野が喫茶店で休んでいると、北が目を惹かれた女性・美和が入ってくる。
美和は検事を目指す法学部の学生で山野とも顔なじみだった。
北は美和に誘われ、725号法廷での強制わいせつ裁判の傍聴をすることになる。
被告人・木村は40代の会社員。
事件の日、木村はドラッグストアで万引きをした16歳の高校生・愛を言葉巧みにホテルに連れ込み「言うことを聞けば、万引きのことは誰にも言わない」と無理やりわいせつ行為をし、裸の写真を撮ったという。
北は木村を「最低なヤツ」と軽蔑するが、木村の妻・加奈の証言を聞いて仰天する。
加奈は子どもが生まれた後8年もの間、夫とのセックスを拒み続け、代わりに女子高生もののアダルトDVDを与えていたというのだ。
証言ひとつで被告人・木村が別人に見えてくることに驚く北。
が、その後の法廷でさらに事態が一変する――果たして、真実とは真相とは何か?

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』
リンク
検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.