ドラマの動画が無料で観れます!

最近のエントリー
カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

『ライアーゲーム 2』第1話

2009/11/11(Wed) 00:41
出演者:戸田恵梨香松田翔太鈴木浩介吉瀬美智子渡辺いっけい

原作:甲斐谷忍LIAR GAME

ドキドキ第1話ドキドキ

ある日、バカがつくほど正直者の女子大生・神崎直(戸田恵梨香)の元に1億円の現金が届いた。
それをきっかけに人を騙して大金を奪い合う「ライアーゲーム」に参加することになった直は、元天才詐欺師の秋山深一(松田翔太)の協力を得て3回戦まで戦い、負債をゼロにしてゲームを終えた。
秋山は直の前から姿を消し、直にも平穏な日々が戻っていた。
それから2年、直の家に再び現金1億5千万円の入った箱が届いた。
4回戦進出は棄権すると決めいていた直だったが、現れたライアーゲーム事務局員の谷村光男(渡辺いっけい)に他のプレイヤーを救って欲しいと訴えられ、参加を決意する。
同じ頃、母の墓参りに来ていた秋山の前に事務局員のエリー(吉瀬美智子)が現れた。
直と同じく4回戦を棄権するつもりだった秋山だが、2年前に会ったのはゲーム出資者の1人であって主催者ではないと聞き、参加を決める。
同じ頃、もう1人、4回戦への出場を決めた謎の人物(菊地凛子)がいた。
車に乗せられ、第4ステージ・第1会場にやってきた直。
会場には秋山とこれまで一緒に戦ってきた福永ユウジ(鈴木浩介)、さらに西田勇一(荒川良々)、菊地翔(眞島秀和)、小坂妙子(広田レオナ)の姿があった。
久しぶりの再会に喜ぶ直と福永だが、直後、巨大モニターにディーラーのソラリオが映り、ゲームの解説が始まった。
ゲームは直・秋山・福永が太陽ノ国チーム、西田・菊地・小坂が月ノ国チームに分かれて、1対1で3つのゲームを行い、先に2勝したチームの勝利。
1人1億5千万円がチップで貸し付けられ、それを賭けて勝負が行われる。
ゲーム終了後の回収額は1人1億円。
5千万円はボーナスとしてプレイヤーに与えられるが、マネーの取り分はチームごとに計算されるため、自分が勝ってもチームメイトが負けると負債を抱えることになる。
先鋒戦は福永と西田、中堅戦は秋山と菊地、大将戦は直と小坂で戦うことが発表され、先鋒戦のゲームが“24連装ロシアンルーレット”だと告げられた。
両者が3発ずつ弾を込め、交互に引き金を引いていき、発砲音が鳴ると被弾。
5千万円が相手チームに支払われる。
チップを払いパスをすることもでき、5回連続パスでディーラーがチップを回収しゲームが流れる。
6発目の弾が発砲されるまでゲームは続くという。
まずはリハーサルが行われることになり、直と西田がテーブルに着いた。
ゲームを進めながらヒントを見つけようする直だが、終わってみれば4発も被弾していた。
力になれなかったと肩を落としながら太陽ノ国エリアに戻る直に、秋山は必ず勝てると宣言をする。
そして、ゲームエリアでは福永と西田のゲームが始まった。
西田を巧みに操り、被弾することなく引き金を引いてチップを稼いでいく福永。
そして、9発目。
引き金を引いた西田が初めて被弾する。
たまらず月の国からタイムがかかった。
太陽ノ国エリアに戻ってきた福永は、西田の被弾が作戦通りだったことを直に教える。
タイムが終わると圧勝で終わらせると福永は意気揚々とゲームエリアに戻っていくが、再開したゲームを見ていた直はあることに気付き…!

『エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?』
TrackBack URL

http://dramadrama.dtiblog.com/tb.php/1067-4b413f48

-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます
リンク
検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.