ドラマの動画が無料で観れます!

最近のエントリー
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』第4話

2009/08/04(Tue) 01:49
出演者:山下智久NEWS)・北川景子相武紗季貫地谷しほり溝端淳平金子ノブアキ青木崇高金田哲はんにゃ)・川島章良はんにゃ)・永井大真矢みき伊藤英明

主題歌:B'zイチブトゼンブ

ドキドキ第4話ドキドキ

直輝(山下智久)は、ヘッドコーチの川崎(伊藤英明)に誘われて海に遊びに行く。
莉子(北川景子)や麻衣(貫地谷しほり)、チームメイトの秀治(溝端淳平)、宇都宮(永井大)らも一緒だった。
だが、前夜、恋人の菜月(相武紗季)とケンカしてしまった直輝は元気がない。
直輝は、いつになったら自分に自信が持てるようになるのか、もっと現実と向き合うべきだ、という菜月の言葉にショックを受けていた。
直輝は、話がしたいから今夜会えないか、と菜月にメールを送った。
しかし、菜月からの返信はなかった。
一方、莉子は、バスの中で拾った携帯電話が実は直輝のものだったことを知る。
運命的に同じバスに乗っていた、などと言う莉子を怪訝に思った麻衣は、本当は川崎ではなく直輝のことを好きなのか、と彼女に問いかけた。
莉子は、慌ててそれを否定すると、直輝とは友だちだと返す。
川崎は、そんな莉子に、大学時代の仲間に紹介したいから食事に行かないか、と持ちかける。
夕方、一行が帰り支度を始めようとしていると、直輝の携帯電話に菜月からのメールが入る。
メールには、「私も会いたい」と書かれていた。
それを見た直輝は、先に電車で帰ると言って川崎たちと別れ、駅へと急いだ。
その晩、直輝は、菜月のマンションを訪れる。
菜月は、昨夜のことを直輝に謝った。
それに対して直輝も、菜月から言われた言葉で自分を見つめ直したと応え、甘えていたことに気づいた、と言って菜月に謝る。
菜月と仲直りした直輝は、バスケで輝いている直輝が好きだという彼女の言葉に励まされる。
が、その際、直輝は、菜月のベッドの下に、アームバンドが落ちていることに気づく。
夜、直輝がいつもの公園を訪れると、莉子がバイオリンの練習をしていた。
莉子は、後輩の代役でミニコンサートに出ることになったのだという。
練習を終えた莉子は、直輝に頼んで、しばらくの間、彼の練習する姿を見ていた。直輝のバスケを聞いていると元気が出る、という莉子。目を閉じてその
音に耳を傾けていた莉子は、「好きじゃないよね…うん、友だち」とつぶやいた。
練習に集まったアークスの面々は、マネージャーの春日部(金田哲)から、夏のスポーツフェスタに協力するよう指示される。
アークスも例年どおりスポーツフェスタにブースを出し、サイン会やグッズ販売などを行ってファンクラブの会員を増やそうとしていた。
宇都宮、そして廉(金子ノブアキ)の姿はなかった。
ふたりは、日本代表の強化合宿に参加していたのだ。
そんな中、秀治は、莉子と麻衣の部屋に引っ越した。
麻衣は、細々と秀治に注意事項を伝えた。
スポーツフェスタ当日。
直輝たちアークスの選手は、ユニフォーム姿でファンサービスに務めた。
菜月としおん(小松彩夏)は、アークスブースでグッズの販売をしていた。
そこに、浴衣姿の莉子と麻衣もやってきた。
莉子たちは、川崎らと楽しいひと時を過ごした。
その際、莉子は、直輝のグッズが売れ残っていることに気づく。
莉子と川崎が歩いていると、そこに川崎の大学時代の友人・柏崎がやってきた。
柏崎は、莉子を見るなり、川崎に10万円払わないと、と言い出す。
以前、仲間内で集まった際に、川崎が「夏までに固めの女を見つける」と言い出したため、金をかけたらしい。
その話を聞いて激怒した莉子は、強引に川崎の腕を振り払って帰ってしまう。
アパートに戻った莉子は、麻衣に慰められていた。
そこに直輝から電話が入る。
直輝は、川崎は信用できない人間ではないからきちんと話すべきだ、と莉子に助言する。
別の日、直輝や菜月たちは、陽一(加藤慶祐)の店で、日本代表のニュースを見ていた。
足首を痛めてしまった廉は、別メニューで調整をしているらしい。
そのとき直輝は、廉が菜月の部屋に落ちていた黒いアームバンドと同じものをしていることに気づき、菜月にその話を切り出す。
すると菜月は、廉が会社に忘れたものを預かっていたが間違って持って帰ってしまった、と直輝に説明した。
莉子は、麻衣にアルバイトのシフトを代わってもらい、ショッピングモールで行われるミニコンサートに出演する。
姉の雪乃(ちすん)、妹の優里(大政絢)とともに、母・真希子(真矢みき)の誕生日プレゼントを買いに出かけた直輝は、偶然、莉子たちのコンサート・ポスターを発見する。
こっそりコンサートを見に行った直輝は、莉子に渡すために、近くのフラワーショップで一輪のひまわりを買った。
が、直輝が、演奏を終えた莉子の方に近づこうとすると、そこに大きなバラの花束を持った川崎が現れる。
川崎は、麻衣から連絡をもらってやってきたのだ。
直輝は、会場で遊んでいた子どもにひまわりをプレゼントすると、そっとその場から離れた。
その夜、上矢家では、真希子の誕生パーティーが開かれる。
そこに、菜月から電話が入った。
珍しく直輝から一度もメールがなかったことが気になったらしい。
そこで真希子の誕生日を思い出した菜月は、電話を代わってもらって真希子にお祝いの言葉を伝えた。
そんな中、宇都宮と廉が強化合宿を終えてアークスに戻ってくる。
廉のケガは全治1週間だという。
直輝は、大丈夫か、と廉に声をかけた。
すると廉は、優しすぎると後で自分だけ痛い目に遭うぞ、と直輝に忠告する。
夕方、体育館に忘れものを取りに向かった直輝は、公園の前で莉子に出会う。
莉子は、これから川崎とデートなのだという。
莉子は、川崎と話すことができた、と直輝に礼を言うと、コンサートの後、川崎から大きなバラの花束をもらったこと、そして小さな男の子から一輪のひまわりをもらったことを嬉しそうに話す。
別れ際、直輝は、最後の最後まで諦めないでお互いに夢を追っていこう、と莉子に声をかける。
莉子も、おばあちゃんになるまで絶対に夢を諦めない、と誓って笑顔を見せた。
直輝と別れた後、莉子は、「好きじゃないよね…」と何度も繰り返しながら歩いていた。
が、ふと立ち止まった瞬間、直輝に対する自分の気持ちがわからなくなり…。
そのころ、ロッカールームには菜月と廉の姿があった。
廉のケガを心配する菜月は、珍しく弱音を吐く廉に、自分からキスをした。
そんな菜月を抱き寄せる廉。
するとそこに、直輝が現れて…。
TrackBack URL

http://dramadrama.dtiblog.com/tb.php/523-4c0d9e87

リンク
検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.